シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IOS-XR: EEM による SNMP Trap 送信

     

    概要

    本ドキュメントでは Embedded Event Management (EEM) にて SNMP Trap を送信する方法について簡単なスクリプト例とともに紹介しています。
    EEM の詳細については Configuration Guide を参照して下さい。

    EEM スクリプトでは下記 Tcl Command Extension を使って SNMP Trap 送信アクションの設定が可能です。

    1. sys_reqinfo_snmp_trapvar (VarBind 作成)
    2. sys_reqinfo_snmp_trap (Trap 送信)

    上記 (1) にて送信する Trap の VarBind を作成し、(2) にて送信する Trap OID を指定するイメージになります。

    EEMスクリプト例

    以下はあくまでもサンプルですが、特定の syslog 出力 を検出した際に CISCO-SYSLOG-MIB の Trap (clogMessageGenerated) を送信するスクリプトになっています。

    MIB 定義の詳細については下記ドキュメントを参照して下さい。

    ::cisco::eem::event_register_syslog pattern "%MGBL-CONFIG-6-DB_COMMIT"
    
    namespace import ::cisco::eem::*
    namespace import ::cisco::lib::*
    
    sys_reqinfo_snmp_trapvar var var1 oid 1.3.6.1.4.1.9.9.41.1.2.3.1.3 int 5
    sys_reqinfo_snmp_trapvar var var1 oid 1.3.6.1.4.1.9.9.41.1.2.3.1.5 string "You can put any string here"
    sys_reqinfo_snmp_trap enterprise_oid 1.3.6.1.4.1.9.9.41.2 generic_trapnum 6 specific_trapnum 1 trap_oid 1.3.6.1.4.1.9.9.41.2.0.1 trap_var var1
    

    まず sys_reqinfo_snmp_trapvar により var1 変数に下記 VarBind を設定します。

    • clogHistSeverity (1.3.6.1.4.1.9.9.41.1.2.3.1.3) = 5 (warning)
    • clogHistMsgText (1.3.6.1.4.1.9.9.41.1.2.3.1.5) = "You can put any string here"

    次に sys_reqinfo_snmp_trap により変数 var1 に設定された VarBind を下記 Trap OID にて送信します

    • clogMessageGenerated (1.3.6.1.4.1.9.9.41.2.0.1)

    EEMスクリプトのテスト

    EEM/SNMP Config 設定

    event manager directory user policy disk0:
    event manager directory user library disk0:
    event manager policy eem-trap.tcl username <username> persist-time 3600 type user
    ---
    aaa authorization eventmanager default local
    ---
    snmp-server host 10.10.254.254 traps version 2c private udp-port 16200
    snmp-server traps syslog

    SNMP Trap 受信

    EEM にてイベントが検出されるとスクリプトで設定した Trap が送信されます。
    下記は NET-SNMP (snmptrapd) にて Trap を受信した際の出力例となっています。

    2015-04-22 14:28:13 <UNKNOWN> [UDP: [10.10.254.1]:161->[10.10.254.254]]:
    DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (121724) 0:20:17.24    SNMPv2-MIB::snmpTrapOID.0 = OID: SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.41.2.0.1    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.41.1.2.3.1.3 = INTEGER: 5    SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.41.1.2.3.1.5 = STRING: "You can put any string here"
    バージョン履歴
    改訂番号
    2/2
    最終更新:
    ‎08-31-2017 03:18 AM
    更新者:
     
    ラベル(1)
    寄稿者: