キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IOS-XR: TURBOBOOT後に発生するコンフィグ差分について

TURBOBOOT による IOS-XR の入れ替えを行った際に、特定の PIE(Package Installation Envelope) に

依存する設定が入っていた場合、TURBOBOOT 直後は PIE がインストールされておらずその設定を適用できないため

コンフィグの差分が発生することがあります。

その際は、TURBOBOOT 後、システムが起動するタイミングで以下のようなメッセージが出力されます。

下記の出力例では、1 つのコンフィグがエラーとなっています。

RP/0/RSP0/CPU0:Oct  8 21:26:48.131 : cfgmgr-rp[158]:  %MGBL-CONFIGCLI-3-BATCH_CONFIG_FAIL : 1 config(s) failed during startup.  To view failed config(s) use the command - "show configuration failed  startup"

どの config が適用できなかったを確認するには、"show configuration failed  startup" コマンドを使用します。

----------------------------------------------------------------------------------------

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K#show configuration failed startup

!!10:50:06 UTC Thu Oct 10 2013

!! SYNTAX/AUTHORIZATION ERRORS: This configuration failed due to

!! one or more of the following reasons:

!!  - the entered commands do not exist,

!!  - the entered commands have errors in their syntax,

!!  - the software packages containing the commands are not active,

!!  - the current user is not a member of a task-group that has

!!    permissions to use the commands.

snmp-server traps fru-ctrl   <<<< 差分となったコンフィグ

----------------------------------------------------------------------------------------

上記例の snmp-server traps fru-ctrl は MGBL package を必要とするため、TURBOBOOT 直後は

設定の適用ができていません。そのため、MGBL package の適用後、手動で再設定を行うか

load configuration failed startup を実行することで、適用に失敗したコンフィグを読み込む必要があります。

また、補足となりますが、IOS-XR software の upgrade を行うにあたって、TURBOBOOT はCisco 推奨の手順ではありません。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-24-2013 12:20 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)