シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Result-Code と Experimental-Result-Code

概要

このドキュメントでは Diameter Protocol で使用する Experimental-Result-Code と、それを使用した ASR5000/ASR5500 上での Failure Handling の設定方法ついて説明します。

 

問題

Result-code が 5000 番台の場合の CCA を受信した場合の Failure Handling の設定を行っている場合にExperimental-result-code が 5000 番台の CCA を受信しても、設定通りの動作とならない

解決方法

Experimental-Result-Code は、Result-Code と似ていますが、Result-Code/Experimental-Result-Code は

共に CCR/CCA に含まれる AVP の一種であり、それぞれ独立した値となっています。

例えば、ASR5500 が受信する CCA の AVP は下記のようになっています。

AVP Information:
[M] Session-Id: 0001-diamproxy.Gxa_hsgw;20020016;1452788229;101d005
[M] Auth-Application-Id: 16777266
[M] Origin-Host: minid-Gxa
[M] Origin-Realm: cisco.com
[M] Result-Code: DIAMETER_SUCCESS (2001)
[M] CC-Request-Type: INITIAL_REQUEST (1)
[M] CC-Request-Number: 0
[M] Experimental-Result:
[M] Vendor-Id: 10415
[M] Experimental-Result-Code: DIAMETER_ERROR_INITIAL_PARAMETERS (5140)

従って、下記の様に 5000 番台の result-code を含む CCA を受信した場合にはセッションを切断するよう failure handling の設定を行っていたとしても、5000 番台の Experimental-Result-Code である DIAMETER_ERROR_INITIAL_PARAMETERS (5140) を含む CCA を受けて、セッションが切断されるわけではありません。

failure-handling-template PCRF
msg-type credit-control-initial failure-type any action retry-and-terminate
msg-type credit-control-update failure-type any action retry-and-terminate
msg-type credit-control-terminate failure-type any action retry-and-terminate
msg-type credit-control-initial failure-type diameter result-code 5000 to 5999 action terminate
msg-type credit-control-update failure-type diameter result-code 5000 to 5999 action terminate
msg-type credit-control-terminate failure-type diameter result-code 5000 to 5999 action terminate
#exit

Experimental-Result-Code で failure-handling の動作を決めたい場合には、下記の様に、exp-result-code 受信時の動作を設定する必要があります。

[local]asr5000(config-fh-template)# msg-type credit-control-update failure-type diameter
exp-result-code - Configure expermiental Result Code for Failure Handling.
result-code - Configure Result Code for Failure Handling.

関連情報

143
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント