シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

SCE-CM Connection Establishment

SCE - CM 間のコネクション接続に関する概要を説明します。

  • コネクション接続は、安全性を高めるため必ず SCE から開始する
  • SCE は CM に対し、30秒ごとにセッション確立を試みる

※但し、SCE が CM との接続が切れたことに気づくまでには、時間がかかることがあります。

これは、SCE が自身の TCP バッファが溢れるまでは、コネクション断に気づかないためです。

  • CM は、最後に RDR を受信してから、設定された時間が経過した場合、コネクションを切断する

※時間の設定は下記の cm.conf ファイルにある[server]内の timeout (秒) にて変更できます

cm.conf

[server]

port=33000

connections=50

timeout=600

allow_multi=false

例えば、試験期間中にトラフィックを SCE に流していない状態の時や、SCE にて CM に対して redundancy mode を使用している時の standby 側向けでは、RDR が生成されないため、上記で設定された時間間隔でコネクションが切断されます。

切断された場合、SCE 側から切断後即座に接続を試みます。

接続ができない場合は、30秒ごとにセッション確立を試みます。

timeout=0 とすることで reset をすることはなくなりますが、基本はdefault のままを推奨します。テスト環境などで、この動作を一時的に止めたい場合などに使用してください。

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
932
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント