シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

snmp cpu-stats monitor の紹介

SNMP ENGINE プロセスが High CPU になる問題のトラブルシューティングに便利な Tool である snmp cpu-stats monitor

について説明します。この機能を使うと、どの MIB への Polling が原因で High CPU となっているかを調査することができます。

本機能は 12.3(23)BC10,12.2(33)SCD,12.2(33)SCC 以降の IOS で実装されています。

使用方法

まず、service internal を設定します。

uBR#conf t

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

uBR(config)#service internal

snmp cpu-stats monitor のスタート/ストップ/クリアーは EXEC CLI でおこないます。

  1. まずは show snmp を複数回取得し、SNMP ENGINE が高負荷であることを確認します。
  2. test snmp cpu-stats start コマンドでモニターを開始します。
  3. 5 分程度待ってから、show snmp cpu-stats コマンドでモニター結果を確認します。
  4. test snmp cpu-stats stop でモニターを停止します。
  5. 必要に応じてモニターの途中で clear snmp cpu-stats コマンドで収集した情報を一旦クリアすることができます。

モニター中は 5-10% 程度 CPU 使用率が増加することがあります。事前に確認のうえ実施してください。

作業が終了したら service internal を無効にしてください。

uBR#conf t

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

uBR(config)#no service internal

出力例

uBR#test snmp cpu-stats start

SNMP cpu stats is enabled!

uBR#show snmp cpu-stats

    ADDR 5sec% 1min% 5min% Running(ms) Time(usecs)  Invoked OID

1941BB4  0.00  0.00  0.00           0          11        2 system.1

1941BB4  0.00  0.00  0.00           0           3        2 system.2

1941BB4  0.00  0.00  0.00           0           1        2 sysUpTime

1941BB4  0.00  0.00  0.00           0           2        2 system.4

1941BB4  0.00  0.00  0.00           0           2        2 system.5

1941BB4  0.00  0.00  0.00           0           2        2 system.6

uBR#test snmp cpu-stats stop             

SNMP cpu stats is disabled!

Running/Time/Invoked が多い OID に着目してください。これらの値が多い OID は、より多く Polling され、かつより多くの

CPU 時間を消費しているということになります。

対応策

もし問題となっている OID を特定できた場合は、snmp view でフィルターするか、意図しない NMS が Polling していないか確認してください。

snmp view の設定例

snmp-server view cutdown iso included

snmp-server view cutdown at excluded

snmp-server view cutdown ip.21 excluded

snmp-server view cutdown ip.22 excluded

snmp-server community  view cutdown ro

529
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント