キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

StarOS における show logs 及び console log の使用方法

show logs に残す log レベルを変更するには以下の様に行います。

※ IOS とは操作方法が異なる部分があるのでご参照ください。


[local]asr5500-2(config)# logging filter runtime facility all level error

この debug level の確認は "show logging" コマンドで行います。

以下は、a10 の log level を error -> debug に代えた場合の例になります。

---- 元の log level が error であることの確認 -----

[local]asr5500-2# show logging

Runtime Logging Filters:

------------------------------------

        base filter: (log facility/severity level)

        a10               error

        a11               error

<省略>

--- a10 の logging level を debug に変更 ---

[local]asr5500-2(config)# logging filter runtime facility a10 level debug

[local]asr5500-2(config)# end

[local]asr5500-2# show logging

Runtime Logging Filters:

------------------------------------

        base filter: (log facility/severity level)

        a10               debug

        a11               error

<省略>

---

なお、active log の level には影響しない事もご確認ください。

Active log に関してはコチラ

---

[local]asr5500-2# show logging active

Wednesday January 22 21:26:22 JST 2014

Active Logging Display Filters:

------------------------------------

        base filter: (log facility/severity level)

       a10               error

        a11               error

<省略>

---

ちなみに show logs の値を clear するのは logs checkpoint というコマンドを使用して下さい。

---

[local]asr5500-2# logs checkpoint

The active runtime log was successfully checkpointed

[local]asr5500-2# show logs

No matching events

---

また、console に log の有効化/無効化は、(IOS でいう logging console と同等)

local Contextconfig モードでそれぞれ以下のコマンドで実施可能です。

[local]tysCSPGW03(config)# logging console  <== 有効化

[local]tysCSPGW03(config)# no logging console  <== 無効化

--- 無効の場合 ---

[local]asr5500-2# show logging

<snip>

Note: Runtime logging settings determine what is sent to syslogd

      and to internal logs; internal logs will also contain additional

      information.

No syslog configured

Console logging is DISABLED <== Default で無効

No logging Monitors

--- 有効の場合 ---

Note: Runtime logging settings determine what is sent to syslogd

      and to internal logs; internal logs will also contain additional

      information.

No syslog configured

Console logging is ENABLED

No logging Monitors

---

Logging level を debug 等に変更すると、console 上に大量の log が出力されることが予想されます。

その場合、telnet/ssh などにて access が出来る環境が無い場合、console に出力されるログが原因

で、CLI による制御が出来なくなる可能性がございますので、console log を有効にする場合は、十分に

ご注意ください。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-22-2014 04:48 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)
コメント
Cisco Employee

良いと思います。

Logging Level の注意点については、もう少し、目立つようにしてもいいかと思います。