キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

802.1q tunnel sub-interface が flap 後に通信不可

2013年1月25日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco CRS ルータにおいて、GigabitEthernet の SPA で 802.1q Tunneling を

使用している場合に、当該 interface の flap 後、802.1q Tunneling subinterface を

介した通信が停止する場合があります。

このとき、"L2 unknown" カウンタが増加します。

RP/0/RP0/CPU0:E2-E5#show controllers pse statistics ingress location 0/2/CPU0

Node 0/2/CPU0 Ingress PSE Stats

--------------------------------

///snip///

Drop Stats                               Dropped

----------                               -------

L2 unknown                               8610845

原因

この問題は CSCty45305 において、報告されています。

CSCty45305

L2 unknown drops on QinQ subinterface

解決策

事象が発生した SPA の reload、もしくは該当する interface の設定削除、再設定で復旧します。

SPA の reload は以下のコマンドで実施することができます。

-----

hw-module subslot <subslot> reload

-----

備考

本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-24-2013 10:23 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)