キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9K: 100G Breakout IF: Ingress QoS 設定時にパケットドロップが発生

2016年7月27日(初版)
2016年7月27日(アップデート)

TAC SR Collection
主な問題

100G LC にてブレークアウトケーブルを併用して 10 X 10 Gb モードで使用しているインターフェースに Ingress QoS を設定し、2ポートそれぞれから 10G ラインレートで priority level 1、priority level 2 や priority level 1、Default Class といった複数の Priority Level に同時に負荷を掛けると、本来ドロップが発生しない条件にも掛からず、パケットドロップが発生してしまう。

※本事象発生時はshow controllers にて全てのパケットを受信しているにも関わらず、show policy-map interface コマンドでは一部のパケットがドロップしている状況が確認出来ます。

<出力例> In_1P_class に 1M、In_2P_class に 1M、トータル 2M パケットを送信

#show controllers tenGigE 0/0/0/0/1 stats
<snip>
Statistics for interface TenGigE0/0/0/0/1 (cached values):

show controllers tenGigE 0/1/0/7/0 stats
<snip>
Ingress:
<snip>
    Input unicast pkts          = 2000000 <--- 2M パケット

#show policy-map interface tenGigE 0/0/0/0/1
<snip>
TenGigE0/0/0/0/1 input: Input_QoS
<snip>
 
Class In_1P_class
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :              954980/101227880            0 <--- 1M より少ない
<snip>
Class In_2P_class
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :              955578/101291268            0 <--- 1M より少ない

 

原因

この問題は、CSCuw10162 として報告されています。

CSCuw10162 TM performance issue with multiple ingress priority.

解決策

回避策はありません。

問題の解決には CSCuw10162 が修正されたバージョンをご使用ください。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-02-2016 01:37 PM
更新者:
 
ラベル(1)