シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9K: ASR-9001 で envmon_lc プロセスが繰り返しクラッシュする

2015年1月19日(初版)
 

TAC SR Collection
主な問題

ASR-9001 ルータで envmon_lc プロセスが繰り返しクラッシュする場合があることについて、報告されています。

クラッシュする際の syslog 出力例:

-----
ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface TenGigE0/0/2/0, changed state to Up
envmon_lc[166]: %PLATFORM-ENVMON-4-OPERATION_WARN : Unable to raise PFM condition, error code 'PFM Error' detected the 'warning' condition 'Device id not registered'
dumper[57]: %OS-DUMPER-7-DUMP_REQUEST : Dump request for process pkg/bin/envmon_lc
dumper[57]: %OS-DUMPER-7-DUMP_ATTRIBUTE : Dump request with attribute 7 for process pkg/bin/envmon_lc
dumper[57]: %OS-DUMPER-4-SIGSEGV : Thread 3 received SIGSEGV - Segmentation Fault
dumper[57]: %OS-DUMPER-4-SIGSEGV_INFO : Accessed BadAddr 0x29 at PC 0x4b32d5bb. Signal code 1 - SEGV_MAPPER. Address not mapped.
dumper[57]: %OS-DUMPER-4-CRASH_INFO : Crashed pid = 147525 (pkg/bin/envmon_lc)
-----

envmon_lc プロセスのクラッシュは、トラフィックへ等への影響はございません。但し、繰り返しクラッシュする事から、envmon_lc プロセスが LC 上の機器の状態(温度や、SFP の光の強さ等) を正しく監視出来ない状態となります。

原因

Fixed Port (TenGigE0/0/2/0 - 3) について、PFM (Platform Fault Manager) への登録が正しくされないため、ポート状態を定期的に envmon_lc が確認する際、プロセスがクラッシュします。

<問題の確認方法>
envmon_lc プロセスが、以下のログと共にクラッシュしていることを確認して下さい。
PLATFORM-ENVMON-4-OPERATION_WARN .. 'Device id not registered'

CSCur13869
ONS-SC+-10GEP30.3 optics causing LC crash on IM

解決策

Fixed Port (TenGigE0/0/2/0 - 3) をシャットダウンし、使用しない場合には、本事象は発生しません。その他に Workaround は無いため、問題の解決には CSCur13869 が修正されたバージョンをご使用ください。


備考
本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-22-2015 11:29 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)