キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9K: ASR9001 の起動時に zl30160 Input/output error が出力される

2016年4月15日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ASR9001 ルータの起動時に、console 上に、以下のようなメッセージが出力される場合があることが報告されています。

出力例

0/RSP0/CPU0 /zl30160_hal.c:154: (ERROR)
zl30160_reg_write_internal: I2C write fails for offset 0x3d reason:
Input/output error
0/RSP0/CPU0 /zl30160_init_setup.c:450:
(ERROR)
zl30160_rsp3_setup: zl30160_rsp3_dpll_setup() failure reason:
Input/output error
UTC 0/RSP0/CPU0 /zl30160_main.c:335: (ERR

ルータの起動時に、SyncE や PTP 等の Timing 機能に関連するチップの setup に失敗することがあり、エラーメッセージが表示されています。

メッセージが表示された場合は、SyncE や PTP 等の Timing 関連の機能が正常に機能しません。

原因

この問題は CSCtz68435として報告されています。

CSCtz68435: ASR9001: zl30160 configuration errors while booting up

解決策

この問題の回避策はありません。

事象が発生してしまった場合は、 ルータの再起動を行なうことで正常な状態に復旧させることができます。
再度メッセージが表示された場合は、改めて再起動を行ってください。

問題の解決には CSCtz68435 の修正されたバージョンを使用する必要があります。


備考
本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-28-2016 06:25 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)