シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9K: Not Assigned となった DHCPv6 のエントリが残ってしまう

2016年1月22日(初版) 

TAC SR Collection
主な問題

ASR9000 シリーズルータにおいて、DHCPv6 over PPPoE 環境において、Access/Subscriber Intf の情報が Not Assigned となった DHCPv6 のエントリが残る問題です。

<出力例>

#show dhcp ipv6 server binding detail
<snip>
Client Link Local:      fe80::XXXX:XXXX:5XXXX:XXXX
MAC Address:            XXXX.XXXX.XXXX
Profile:                
Client DUID:            AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA <- エントリの削除時に指定
Server DUID:            XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
<snip>
Access/Subscriber Intf: Not Assigned
Access VRF:             -
Subscriber Label:       0x617556
VLAN Id:                2002
ReceivedRemote ID:      -
ReceivedInterface ID:   -
Prefix Pool Name:       -
Address Pool Name:      -
SRG state:              NONE
SRG Intf role:          NONE
Number of IA IDs:       1
  IA ID:                0xd58
    Flags:              0xf0
    State:              BOUND
      IPv6 Prefix:      AAAA:BBBB:CCCC:DDDD::/64 (Not Assigned)
        lifetime:       86400 secs (1d00h)
        expiration:     86400 secs (1d00h)
DNS Server Count: X

 

また、事象発生時に、下記エラーが出力される場合があります。

<出力例>

RP/0/RSP0/CPU0:MMM DD HH:MM:SS.mmm JST: ipv6_rib[1141]:
 %ROUTING-RIB-3-ECMP_ERR_ADD : Path add exceed max number
 of paths supported by protocol. Table 0xe0800000,
 prefix AAAA:BBBB:CCCC:DDDD::/64, protocol subscriber, intf
 0x485007e0, tunnelid 0, nexthop_table 0xe0800000, nexthop
 fe80::XXXX:XXXX:XXXX:XXXX
RP/0/RSP0/CPU0:MMM DD HH:MM:SS.mmm JST: ipv6_rib[1141]:
 %ROUTING-RIB-3-ERR_DELETE : Path delete failure for Table
 0xe0800000, prefix AAAA:BBBB:CCCC:DDDD::/64, protocol
 subscriber, intf 0x485007e0, tunnelid 0, nexthop_table
 0xe0800000, nexthop fe80::XXXX:XXXX:XXXX:XXXX
原因

本 事象は PPPoE Client に対して、DHCPv6 アドレスの払い出しを行った場合に、DHCPv6 サーバーの処理に時間がかかり、PPPoE にてセッションのタイムアウトが発生すると、その一部で本来削除されるべき処理中の DHCPv6 エントリーが削除されなかった事が原因となります。

この問題は、CSCur58466 として報告されています。

CSCur58466 Remaining Not Assigned Interface Entry of dhcpv6 in DHCPv6 over PPPoE

解決策

Workaround はありません。

問題の解決には CSCur58466 が修正されたバージョンをご使用ください。

事象発生時は、下記コマンドにて該当エントリを手動で削除する事が可能です。

clear dhcp ipv6 server binding client-duid AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA


備考
本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-22-2016 06:08 PM
更新者:
 
ラベル(1)