キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9K: "mpls ip-ttl-propagate disable" が有効とならない

2015年7月18日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ASR9000 シリーズルータの Typhoon LC 上のインタフェースにおいて、"mpls ip-ttl-propagate disable" 設定時に、自発パケットの IP TTL が MPLS TTL に引き継がれてしまうことが報告されています。
本来であれば MPLS TTL は 255 に set されます。

例外として IP TTL  が 1 である、traceroute パケットは本問題の影響を受けず、設定によって、自発パケットの IP TTL が MPLS TTL に引き継がれません。

原因

この問題は CSCur74873として報告されています。

CSCur74873: XR traceroute "mpls ip-ttl-propagate disable" behaves unexpectedly

解決策

"mpls ip-ttl-propagate disable local" として、local option をご使用いただくことで、自発パケットに IP TTL が引き継がれることを無効にできますが、その場合、transit のパケットについては IP TTL propagation を無効にできません。

問題の解決には CSCur74873の修正されたバージョンを使用する必要があります。


備考
本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-24-2015 07:12 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)