シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9K: Typhoon LC で NP の Instruction Memory の SBE が修正されない

2015年7月25日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Typhoon LC 上の NP(Network Processor) で使用されている特定の Instruction Memory で発生した Single Bit Error(SBE) が正しく修正されません。

<問題の確認方法>
同一 NP 上の同一メモリにて、下記例のようなログが
定期的に出力されることを確認。

prm_server_ty[xxx]: %PLATFORM-NP-3-ECC : prm_ser_check: Single-bit ECC error detected: NP 1, block 0x14 (RSV), offset 0, memid 41, name INSTRUCTION_MEM0, addr 0x000007ff, bit 50, ext info 0x00000007 0xffffffff 0xffffffff 0xffffffff, action 0 (Fix) 

※メッセージ中の memid が 9,14,19,24,41,42,43,44,46,47,51,52 のいずれかであり、
name が INSTRUCTION_MEM であることを確認。

原因

SBE 発生時にメモリ上のエラーを修正するコードが不適切で、エラーデータを修正できていませんでした。

この問題は CSCud73451 として報告されています。

CSCud73451: Single bit ECC errors in NP instruction memory not repaired correctly

解決策

問題の解決には CSCud73451 の修正されたバージョンを使用する必要があります。

エラーデータは、リードの都度ハードウェアで修正されており、トラフィックやルーターの動作に影響はない為、すぐに対処をする必要はありませんが、メッセージが定期的に出力される事と、同じ領域で追加の SBE が発生した場合は Multi Bit Error(MBE) となり LC 再起動に至る為、メンテナンス時間に LC の再起動にてエラーをクリアすることを推奨します。


LC の再起動方法
hw-module location 0/x/CPU0 reload


備考
本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

60
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント