キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9K: Typhoon LC の Traffic Manager メモリ (TM_QC) の Parity エラー修正に失敗し LC が再起動する

2015年4月14日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ASR9000 シリーズルータにおいて、Typhoon LC を使用時に、 NP の Traffic Manager (TM) メモリ上で Parity エラーが発生した際、修正可能なエラーの場合も正しく修正されず、リカバリ不能エラーと誤検出され LC が再起動する事象が発生します。

<確認方法>

  • Typhoon LC 上の NP にて Parity Error の修正に失敗した事象を確認する
  • Parity Error が TM メモリ (TM_QC) の offset = 46 or 50 のいずれかにて発生した事象を確認する

LC/0/1/CPU0: prm_server_ty[297]: %PLATFORM-NP-3-ECC : prm_ser_check: Unable to repair Parity error on NP 0, block 0x24 (TM_QC), offset 50, memid 118, name QD_CCH_SHP_PROF_INDX_L, addr 0x000000da, bit 2147483648, ext info 0xffffffff 0xffffffff 0xffffffff 0xffffffff, action 0 (Fix)  
LC/0/1/CPU0: pfm_node_lc[287]: %PLATFORM-NP-0-NON_RECOVERABLE_SOFT_ERROR : Set|prm_server_ty[168019]|Network Processor Unit(0x1008000)| A non-recoverable soft error has been detected on NP0.  The linecard will be rebooted.

原因

この問題は CSCuq37265 として報告されています。

CSCuq37265 Parity error correction failure in TM memory on Typhoon linecards

解決策

Workaround はありませんが、リカバリ不能エラーと誤検出された LC は自動的に再起動されるため対処の必要はありません。

問題の解決には CSCuq37265 が修正されたバージョンをご使用ください。


備考
本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-24-2015 03:58 PM
更新者:
 
ラベル(1)