キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Bundled Sybase の Database/Log 領域が Full になった場合の復旧方法

2009年10月19日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Bundled Sybase の Database/Log 領域が Full になってしまった場合の復旧方法を説明します。
このような状態に陥った場合、Sybase は正常に動作せず、その後の Transaction も処理されなくなり、SCA-BB GUI Console から Sybase に接続できない、あるいはレポートが表示できない、といった問題が発生します。

messages や adapter-JDBCAdapter ログに以下のようなメッセージが表示されます。

Log 領域が Full になった場合のサンプル
Can't allocate space for object 'syslogs' in database 'tempdb' because
'logsegment' segment is full/has no free extents. If you ran out of space in
syslogs, dump the transaction log. Otherwise, use ALTER DATABASE to increase the
size of the segment.

Database 領域が Full になった場合のサンプル
Can't allocate space for object 'RPT_TR' in database 'apricot' because
'default' segment is full/has no free extents. If you ran out of space
in syslogs, dump the transaction log. Otherwise, use ALTER DATABASE or
sp_extendsegment to increase size of the segment.

解決策

Log 領域が Full の場合
以下の方法で Transaction log を Dump してください。

  1. scmscm ユーザで ~scmscm/cm/bin/cm stop を実行し、CM を停止。
  2. 以下のコマンドで Transaction log を Dump。
    ~sybase/OCS-15_0/bin/isql -Spqbsyb1 -Usa -Ppcube2001
    1> dump transaction apricot with no_log
    2> go
    1> dump transaction tempdb with no_log
    2> go
    1> exit
  3. messages ログに以下のメッセージが出ていることを確認。
    Attempt by user 1 to dump xact on db apricot with NO_LOG was successful
    Attempt by user 1 to dump xact on db tempdb with NO_LOG was successful

以上の操作で Transaction log が Dump されます。しかしながら、多くの場合 Database  領域のサイズが大きくなっていることに起因して Log 領域が Full になるので、以下の Database 領域が Full  の場合の操作も実施する必要がある場合があります。

Database 領域が Full の場合
まずは以下の方法で領域の多くを占めている Table のサイズを減らし、復旧するかどうか確認してください。各 Table のサイズは  ~scmscm/scripts/dbtables.sh スクリプトで確認が可能ですが、ほとんどの場合 RPT_TR が最も大きな Table  となります。以下の例では7日以上経過したレコードを RPT_TR Table から削除しています。

~scmscm/scripts/prunetable.sh -f 7 RPT_TR

もし上記を実施しても復旧できない場合は、以下の方法で Table を削除してください。
以下の例では RPT_TR Table を削除しています。

~scmscm/scripts/droptable.sh -f RPT_TR

本問題の発生を未然に防ぐためには古いレコードの定期削除が有効です。以下のドキュメントの『Managing the Periodic  Deletion of Old  Records』セクションに設定方法が記載されていますので、参照してください。本ドキュメントには上で紹介した各スクリプトの説明も記載されていま す。

Cisco  Service Control Management Suite Collection Manager User Guide, Release  3.5.5 - Managing Databases and the Comma Separated Value Repository

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎05-30-2012 10:45 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(3)