シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Service Control Engine(SCE)における Global Controllers の帯域制御方法について

2010年01月15日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

SCE における Global Controllers(以下 GC)の制御は L1 level で設定した値まで rate を制限するように制御を行いますが、各 subscriber ごとの制御自体は PIR(L3 level)で制御を行います。

そのため、試験環境等で、各 subscriber がサイズの異なる固定長のパケットを複数 flow かつ同じ L1 rate で流した場合に、GC によって制御された後の L1 rate が、パケット長の小さいものの方が低くなる様に制御されます。

これは、GC が印加された traffic から、パケット数に応じて L1、L2のヘッダー(デフォルト合計 38  byte)を減算することにより仮想的に L3 rate を求めるため、パケット長が短いほうがより多くの L1、L2  ヘッダー分のオーバーヘッドが生じるためになります。

解決策

上記動作は期待された動作になります。

また、各サブスクライバがサイズの異なる固定長のパケットをすべて同じ L1 rate で流すような試験環境において発生いたします。

備考

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
412
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント