シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CRS-1:Tx Fault と Rx Fault の出力が逆に表示される

2013年05月21日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

CRS にて、10GigE SPA (SPA-1X10GE-L / SPA-1X10GE-L-V2) を搭載している Interface において、Tx Fault または Rx Fault を検知した場合、Tx Fault と Rx Fault が逆に出力されます。

-----

LC/0/2/CPU0:Oct 8 14:37:11.812 : spa_xge_v2(5)[276]: %L2-ether_spa_plugin-6-LINK_EVENT : Interface TenGige 2/5/0, Rx Fault

LC/0/2/CPU0:Oct 8 14:37:11.813 : ifmgr[155]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface TenGigE0/2/5/0, changed state to Down

LC/0/2/CPU0:Oct 8 14:37:11.815 : ifmgr[155]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line protocol on Interface TenGigE0/2/5/0, changed state to Down

----

上記メッセージのように SPA (LC/0/2/CPU0) の Tx ケーブルを抜いた場合、

本来であれば、Tx Fault と表示されるべきですが、Rx Fault と表示されます。

原因

この問題は、CSCtc43680 において報告されております。

CSCtc43680

Rx and Tx fault messages on 10GigE SPA are backwards

解決策

回避策はございませんので、修正 version をご使用いただく必要があります。

備考

本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

しかし、抜本的な対策には、修正 version をご使用いただく必要があります。
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎05-21-2013 04:51 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(4)