シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Fatal Interrupt にて Cable Line Card の再起動が発生

2015年4月24日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

以下のエラーメッセージを表示し、Cable Line Card が再起動することがあります。

SLOT 5/1: Jan 21 20:35:54.457: Sparrow Fatal Interrupt Status:
   (0xF8800100) phy_interrupt_status_fatal   = 0x00000000
   (0xF8800104) phy_interrupt_enable_fatal   = 0x001FD9FF

SLOT 5/1: Jan 21 20:35:54.509: Waxbill Config Memory Corruption Interrupt
SLOT 5/1: Jan 21 20:35:54.509: Waxbill SEU Interrupt disabled
SLOT 5/1: Jan 21 20:35:54.513: LC is reset due to a serious SEU event on WaxBill FPGA
SLOT 5/1: Jan 21 20:35:54.513: waxbill_seu_handle_message(): waxbill_seu_force_reset 0, cm_count_curr 0

原因

Waxbill で SEU (single event upset)が発生したことが原因です。
(※ Waxbill は DS/US のデータパケットのスイッチング機能を提供する FPGA です。)

解決策

SEU は 一時的にビットが反転する事象で、ハードウェアに起因する障害です。一過性の要因により発生することがあり、一度の発生でハードウェア障害かどうかを判断する事ができません。このため、一度目は様子見での対応、短期間(一ヶ月以内が目安)に複数回発生する際には、ハードウェア障害として交換対応を推奨いたします。

 

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
106
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント