キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

PRE で設定した US channel-width が、 Cable Line Card に正しく反映されない

2014年04月15日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

PRE で設定した US channel-width が、 Cable Line Card に正しく反映されない場合があり、気づかないまま運用した場合は、CM の US の through put が出ないなどの影響が発生します。

原因

新しく Cable Line Card をインストールした場合、write erase コマンドで設定を初期化した状態で US channel-width 6.4Mhz を設定すると DOCSIS Mode のデフォルトは TDMA であり、TDMA は 6.4Mhz をサポートしていないため、Cable Line Card に反映できない状態になりますが、PRE上ではエラーメッセージなしに設定が保存されます。その後、DOCSIS Mode を ATDMA に変更したのち、Cable Line Card の設定を確認すると、US channel-width は、デフォルトの値である 1.6MHz の設定ののままとなります。

uBR10012#sh run int cable 8/0/0
省略
interface Cable8/0/0
省略
cable upstream 3 connector 1
cable upstream 3 frequency 5000000
cable upstream 3 channel-width 6400000 6400000
cable upstream 3 docsis-mode atdma
cable upstream 3 minislot-size 1
省略
no cable upstream 3 shutdown
end

uBR10012#telnet 127.0.0.80
Trying 127.0.0.80 ... Open
clc_8_0>en
clc_8_0#sh run int cable 8/0/0
省略
interface Cable8/0/0
省略
cable upstream 3 connector 1
cable upstream 3 frequency 5000000
cable upstream 3 channel-width 1600000 1600000
cable upstream 3 docsis-mode atdma
cable upstream 3 minislot-size 4
省略
end
clc_8_0#exit

解決策

はじめに DOCSIS Mode を ATDMA に変更した後で、chennel-width を変更することで、正しい値が反映されます。 また、同様の事象を回避するため、CSCtt11573 で、デフォルトの DOCSIS Mode を ATDMA に変更する形で修正が行われていますので、事象を回避するためには、CSCtt11573 の修正が含まれる IOS にアップグレードしてください。

CSCtt11573 Configuration of PRE doesn't match LC config for US

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-25-2014 11:34 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)