シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

QoS の値が DOCSIS Modem Config と異なる値に設定される

2012年4月24日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

DOCSIS1.0 Modem Config file を使用している環境で、QoS の値が、Modem Config で指定した値と異なる値に設定されることがあります。

原因

Line Card で HCCP Switch Over を行う際に、CM 毎に Modem Config で設定された QoS  の値が、enforced QoS profile として上書きされることが原因になります。この時に、Line Card が保持する QoS  Profile の ID を基に、QoS の値を設定しますが QoS Profile の ID は、動作状況に依存して変動し、DOCSIS  Modem Config で設定された QoS の値に対して一意に定まるものではないため、異なる値で置き換えられることがあります。

DOCSIS 1.0 の Class of Service TLV で指定した QoS の値より、enforced QoS  profile の値が優先されることから、事象が発生した場合、Cable Modem の再起動では回避できません。         

解決策

本事象は、CSCtu43595 で修正されています。事象を回避するためには、CSCtu43595 の修正が含まれる IOS にアップグレードしてください。

CSCtu43595 DS MaxSusRate is changed unexpectedly

または、"clear cable modem <CM Mac Address> delete"  を実行することで、誤って設定される enforced QoS profile が削除され、正しく、DOCSIS 1.0 の Modem  Config で指定される Class of Service TLV の値で QoS (Maximum Sastained Rate)  が設定されます。

そのほか、DOCSIS 1.1 Modem Config を使用する場合、事象は発生しません。        

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-22-2012 12:29 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)