シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

SM reboot 後も Sync-Status が "not-done" のままとなる

2013年4月26日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Push mode の SM 3.7.5 以上のバージョンにおいて、SM reboot もしくは Server reboot 後、p3net --show-all --detail コマンド結果にて、Sync-Status が "not-done" のままとなり、"done" へ遷移しません。

[pcube@test]$\ p3net --show-all --detail
  ==============================================================================
  | Name             | Host             | Conn-    | Sync-    | Domain          |
  |                  |                  | Status   | Status   |                 |
  ===============================================================================
  | SCE8000          | 10.0.0.1         | up       | not-done | sce8000         |
Command terminated successfully

原因

以前の SM では、SM restart 時に Subscriber の sync を行っておりましたが、CSCts47802 にて修正された内容の一部で、3.7.5 以上のバージョンでは SM restart 時にSubscriber の sync を行わないよう修正されました。

そのため SM 上では、restart 後もマニュアルにて resync を行わない限り "done" state にはなりません。

解決策

p3sm --resync-all コマンドを実行することで、正常に Sync が完了すれば "done" state へ遷移します。

備考

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
252
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント