シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

uBR10-MC20X20V-0D で評価用ライセンスを停止できない

2013年03月16日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

uBR10-MC20X20V-0D を M-CMTS 構成で使用し、ローカルの DS ポートを使用せずに運用する場合においても、評価用の 20 DS ライセンスが稼働します。また、評価期間 (60 日) を過ぎると、以下の エラーメッセージ が 5 分間隔で表示されます。

SLOT X/Y: Jan 10 00:00:02.122: %LICENSE-1-EXPIRED: License for feature DS_License 1.0 has expired 7 weeks ago. UDI=UBR-MC20X20V :CATXXXXXXX

SLOT X/Y: Jan 10 00:05:02.130: %LICENSE-1-EXPIRED: License for feature DS_License 1.0 has expired 7 weeks ago. UDI=UBR-MC20X20V :CATXXXXXXX

原因

uBR10-MC20X20V カードは、DS 数を License で管理する方式が採用されており、ベースの Line Card としては 0D, 5D, 20D があり、5 ライセンス単位でアップグレードが可能です。そのほかに、各 Line Card には、60日間使用可能の 20D Evaluation License が付属しており、Permanent License と Evaluation License の切り替えは、Evaluation License の優先度を変更することで行います。

uBR10-MC20X20V-0D カードに関しては、Permanent License が存在しないため、付属する Evaluation License の優先度が最も高いことになるため、Evaluation License の有効期間が残っている場合には、必ず Evaluation License が起動します。

Evaluation License は、60  日間、稼働すると expire し、expire すると

LICENSE-1-EXPIRED メッセージを 5 分間毎にログ出力します。

解決策

Line Card を再起動することで、Evaluation License の評価機関 (60 日) が過ぎた際に表示される LICENSE-1-EXPIRED メッセージを停止することができます。

サービスを停止させたくない場合などは、メッセージが 5 分に一度表示されるだけであり、そのまま運用しても問題はありません。5分に一度表示されるメッセージを Logging Discriminator 機能で抑止することも可能です。この場合 Line Card を再起動するまで、Evaluation License で動作します。

Logging Discriminator の例)

logging discriminator LICMSG mnemonics drops EXPIRED

logging buffered discriminator LICMSG <buffer size> warnings

logging host <ip_address> discriminator LICMSG

logging console discriminator LICMSG

uBR10-MC20X20V-0D の導入前に Evaluation License を停止するためには、以下の作業を行ってください。ただし、この方法は、Evaluation License を直ちに Expire する方式であり、一度 Expire させると評価期間をもとに戻す方法はありません。

1) LC attach 後、service internal を設定

uBR10k#127.0.0.50
Trying 127.0.0.50 ... Open

clc_5_0>enable

clc_5_0#sh license all
   (snip)

StoreIndex: 1   Feature: DS_License      Version: 1.0

        License Type: Evaluation
         License State: Active, In Use
             Evaluation total period: 8  weeks 4  days
             Evaluation period left: 8  weeks 3  days
             Expiry date: Sep 10 2012 09:23:32
         License Count: 20/20/0  (Active/In-use/Violation)
         License Priority: High

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

clc_5_0#conf t

clc_5_0(config)#service internal

2) test license time を投入

こちらのコマンドにより license のタイマを意図的に expire させます。

数値は秒単位で license の有効期間は 60 日ですので、5184000 (sec) 以上の数値を指定して頂ければ問題ありません。

clc_5_0#test license time 8000000
clc_5_0#sh license all
     (snip)

StoreIndex: 1   Feature: DS_License              Version: 1.0
         License Type: Evaluation
         License State: Inactive
             Evaluation total period: 8  weeks 4  days
             Evaluation period left: 0  minute  0  second
         Lock type: Non Node locked
         Vendor info:
         License Addition: Additive
         License Generation version: 0x8100000
         License Count: 20/0/0  (Active/In-use/Violation)
         License Priority: High

なお、上述のコマンド実行後に%LICENSE-1-EXPIREDが定期的に出力され始めます。

3) LC reloadを実施

  最後に LC の reload を実施します。

起動後はメッセージは出力されないようになります。

また、show license all の出力内容は 2) と同じ状態となります。

なお、この状態では show run における card コマンドも以下のように 0x20 がオプションに変更されます。

  card 5/0 ubr10k-clc-mc2020v license 0X20

問題のタイプ

ライセンスの問題

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-27-2013 02:18 AM
更新者:
 
ラベル(1)