キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

uBR10012 の長期間使用による MALLOC FAIL 発生

2015年4月24日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco uBR10012 を長期間使用し続けると、メモリの断片化が進行し、連続したメモリ領域が確保できなくなり、大きなメモリ領域を必要とする作業を実行できなくな ることがあります。

 

+ 作業の例

show tech-support の実行
write memory の実行

+ エラーメッセージ

%SYS-2-MALLOCFAIL: Memory allocation of 2095096 bytes failed from 0x60A4385C, alignment 0
Pool: Processor  Free: 77485360  Cause: Memory fragmentation
Alternate Pool: None  Free: 0  Cause: No Alternate pool  -Process= "Virtual Exec", ipl= 0, pid= 369
-Traceback= 60A3D958 60B457B8 60B50F70 60A43864 60A43818 609EB3F8 609C3828 60138CD4 609EF510 60B395B4 60B395A0

原因

CSCua74814CSCtn74216 が原因で、メモリの断片化の原因が発生している可能 性があります。

show memory statistics を実行したときにメモリの空き領域と比較して Largest の値が小さくなっている場合は、メモリの断片化が発生しています。

------------------ show memory statistics ------------------
Load for five secs: 20%/2%; one minute: 10%; five minutes: 10%
Time source is NTP, 0:11:22.333 JST Mon Mar 2 2015

                 Head    Total(b)     Used(b)     Free(b) Lowest(b)  Largest(b)
Processor   65A2EBB0   836231720   758856144    77375576 18991628     1672556


一般的に、長期間連続で使用するとメモリの断片化が発生しますが、CM情報の登 録、削除、更新などのタイミングで、メモリの割当てを行う際に、メモリ領域全体の中か ら、適当な空き領域を使用していたため、断片化が進行する原因となっています。

CSCua74814CSCtn74216では、チャンクメモリ領域を確保し、このチャンクメモリ領域の中でメモリを割当てる方式に変更することで、メモリの断片化を抑止するよう に修正を行っています。

解決策

PRE switch over を実行することで、メモリの断片化を一時的に解消することが 出来ます。
そのほか、CSCua74814CSCtn74216 の修正が含まれた IOS Version にアップグ レードを行う事で、メモリの断片化を抑止することが出来ます。

CSCua74814 Memory fragment caused by c10kcr2_update_rp_classifiers_for_cm
CSCtn74216 Ubr10K suffers from memory fragment

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-24-2015 06:02 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)