シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

スイッチ ルータ RVS4000-JPとスイッチ SG300-10P-JPとの接続設定例 (テキスト版)

ONUに接続したルータ RVS4000-JPとマネージドスイッチ SG300-10P-JPとの接続設定例(動作確認済み)

 1.設定前の準備

  マネージドスイッチの電源がオフの状態で、ルータのLANコネクタとマネージドスイッチのLANコネクタをLANケーブル

  (カテゴリ5以上)で接続します。

  マネージドスイッチのLANコネクタと設定するPCのLANコネクタをLANケーブルで接続します。

  設定するPC(本例ではWindows7)に、あらかじめFindITをインストールしておきます。

  マネージドスイッチの電源をオンにします。

 2.設定画面の表示

  PCにてインターネットエクスプローラを開き、FindITのスイッチに表示されている装置(ホスト名:デフォルト名)を選択します。

swich13.png

FindITが有効なインターネットエクスプローラ画面

  上記の画面において、FindIT内のスイッチ下のホスト名を選択します。選択することにより、以下の画面が表示されます。

switch3.png

ログイン画面(初期表示時は英語)

 

3.ログイン

  上記の画面において、ユーザ名とパスワードを入力(はじめてログインするときはユーザ名、パスワードともcisco)します。

  続いて、Languageのプルダウンで日本語を選択後、ログインを選択します。ログイン選択後、以下の画面が表示されます。

switch4.png

ログイン画面(日本語モード切替時)

 4.スイッチの処理待ち

  上記の画面でログインすることにより、以下に示すログイン処理中(データ処理中)の画面が表示されますので、完了を待ちます。

switch5.png

スイッチがデータ処理中に表示される画面(100%処理完了で次に操作する画面に移ります。)

 5.パスワードの変更

  はじめてスイッチにログインしたときには、必ずパスワードの変更が求められますので、以下の画面でパスワードの変更を行います。

switch6.png

パスワード変更画面

  上記の画面において、新しいパスワードを生成します。パスワードが複雑なほどパスワード強度メーターのグラフは右側に表示が伸びます。

switch7.png

  入力後、適応を選択すると、再びデータ処理中画面が表示され、パスワードの変更が完了すると以下の画面が表示されます。

switch15.png

スイッチの設定(はじめに)画面

 

 6.デバイスIPアドレスの変更

  はじめにという画面において、初期セットアップのデバイスIPアドレスの変更を選択します。選択すると以下の画面が表示されます。

switch9.png

IPv4インタフェース設定画面

  上記の画面において、スイッチのIPアドレスをダイナミック(ルータからのDHCP設定)かスタティック(固定設定)かを選択し、

  スイッチのIPアドレスを決定します。なお、ダイナミック、スタティックのどちらとも他の機器とIPアドレスの競合はしないように

  注意してください。

  以下に、IPアドレスをスタティックとした場合の設定画面を示します。

switch10.png

  上記の画面の例は、スイッチのIPアドレスはスタティック、デフォルトゲートウェイはルータを設定しています。設定を適応する場合は、

  IPアドレスを今すぐ更新の有効をチェックし、適応を選択します。

  適応を選択すると、データ処理中の画面が表示され、適応完了後に元の画面に戻ります。

  この状態でのスイッチは、ほぼスイッチングHUBと同等の状態です。必要に応じて種々の設定を行ってください。

1707
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント