キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ルータ フレッツ光NEXT(ONU)とルータ RVS4000-JP接続設定例 (テキスト版) (2012年1月追記)

フレッツ光NEXT(ONU)とルータ RVS4000-JPとの接続設定例です。(動作確認済み)

 1.設定前の準備

  前提条件として、ONUはプロバイダとの接続設定が完了しており、ONUにPCを接続することでプロバイダに接続できること。

  ルータの電源がオフの状態で、フレッツ光NEXTのONUのLANコネクタとルータのWANコネクタをLANケーブル

  (カテゴリ5以上)で接続します。

 

  ONUのWAN設定を無効にします

  (RVS4000-JPのWAN設定が有効になります。)

 

  ルータのLANNコネクタと設定するPC(本例ではWindows7)のLANコネクタをLANケーブルで接続します。

  ルータの電源をオンにします。

 2.設定画面表示

  設定するPCにてインターネットエクスプローラを開きます。

router1.png

インターネットエクスプローラ画面

 3.ログイン

  上記の画面において、アドレスバーに192.168.1.1と入力し、RVS4000-JPのログイン画面を表示します。

router2.png

 ルータ RVS4000-JPログイン画面

  上記の画面において、ユーザ名とパスワードを入力後、OKを選択してログインします。

  (初期設定状態でのユーザ名とパスワードはともにadminとなっております。)

 4.初期表示画面の確認

router3.png

ルータ概要画面

  上記の画面において、LAN IP=192.168.1.1、WAN IP=192.168.1.2、モード=Gateway、DNS1=192.168.1.1となっていることを

  確認します。

 5.WANの設定

  ルータ概要画面において、設定、WANと選択し、WANの設定画面を表示します。

router4.png

WAN設定画面

  上記の画面において、WANの設定を行います。

router5.png

WAN設定例(PPoE設定)

  上記の例は、ISP(インターネットサービスプロバイダ:PPoE接続)情報の設定例です。

  ISP情報を入力した後、保存を選択します。保存を選択するとルータ設定のため、リブート状態となります。

router6.png

ルータリブート画面

  上記の画面の完了を待ち、続いてLANの設定を行います。

 6.LANの設定の確認

  設定、LANを選択し、LANの設定画面を表示します。

router7.png

LAN設定初期状態画面

  上記の画面において、ローカルアドレス=192.168.1.1、サブネットマスク=255.255.255.0、DHCPサーバ=有効となっていることを

  確認します。構築しているネットワークに他のDHCPサーバがない場合は、本ルータをDHCPサーバとします。

  デフォルトでは、DHCPサーバが割り当てるIPアドレスの開始IPアドレスは、192.168.1.100、ユーザの最大数は50となっております。

 7.PCの接続状態(ネットワークの状態)の確認

  設定しているPCを用いて接続状態を確認します。PCのコントロールパネルからネットワークの接続の詳細を表示します。

router8.png

PCからの接続状態の確認画面

  上記の画面において、接続固有 DNS サフィックスがflets-east.jp(NTT東日本の場合)となっており、PCに割り当てられたIPアドレスが

  192.168.1.100となっていれば設定は正常です。

 8.PCからインターネットへの接続の確認

  任意のホームページに接続できるか確認します。

router9.png

インターネット任意ホームページ表示例

  上記のように任意のインターネットホームページが表示されれば、ルータの最低限の設定は完了です。

  この作業完了後に、ルータの種々の機能をネットワークの用途に合わせて設定していきます。