シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ルータ RVS4000-JP 本体の設定 (テキスト版)

Router(RVS4000-JP)のGUI設定ユーティリティ(Web画面)について説明します。

 Small Business製品の設定及び状態確認はGUI(Web画面)で行うことができます。

  RVS4000-JPのGUIは、

   1) 設定(本体の設定)

   2) ファイアウォールの設定

   3) VPNの設定

   4) 各種管理の設定

   5) IPSの設定

   6) L2スイッチの設定

   7) ステータスの表示

  の7項目にて構成されております。

 本ドキュメントでは、1)設定(本体の設定)について説明します。

 

 

 1.ログイン

  RouterのすべてのGUI設定ユーティリティを表示するには、WindowsPCとルータをLANケーブルにて接続し、

  インターネットエクスプローラにてログインすることが必要です。RouterのIPアドレスは、デフォルトでは、

  192.168.1.1となっておりますので、アドレスバーの入力し、ログイン画面を表示します。

 

RVS1.PNG

Router(RVS4000-JP)ログイン画面

 

  上記の画面において、ユーザ名及びパスワード(デフォルトではともにadmin)を入力し、OKを選択します。

  OKを選択することにより、以下に示す本体の概要画面が表示されます。

 

 

RVS2.PNG

RVS4000-JP概要画面(初期表示画面)

  上記の概要画面において左下の更新を選択することにより、概要に表示されているステータスを更新します。

  上記の画面において、左側のメニューにて設定を選択することにより、以下の画面が表示されます。

 

 

 2.設定‐概要

 

RVS0.PNG

設定‐概要画面

 

  上記の画面のように左メニューの設定の直下に概要が表示され、それより下に本体の各設定項目が表示されます。

  上記の画面においてWANを選択することにより、以下のWANの設定画面が表示されます。

 

  

 3.設定‐WAN

 

RVS4.PNG

設定‐WAN画面

  上記の画面がWANの設定画面です。ここでは、インターネットの接続タイプを選択し、そのタイプに対応する情報を

  入力後、保存を選択します。

  続いて、LANの設定を行います。上記の画面においてLANを選択することにより、以下の画面が表示されます。

 

 

 4.設定‐LAN

 

RVS5.PNG

 

設定‐LAN画面

  上記の画面がLANの設定画面です。ここでは、ネットワーク上に配置する本ルータのローカルIPアドレス等LAN環境の設定を行います。

  各項目に対して設定可能な範囲内にて情報を入力し、保存を選択します。

  続いて、必要に応じてDMZの設定を行います。上記の画面においてDMZを選択することにより、以下の画面が表示されます。

 

 

 5.設定‐DMZ

 

RVS6.PNG

設定‐DMZ画面

  上記の画面がDMZの設定画面です。ここでは、公開するIPアドレスがある場合、DMZホスティングを有効とし、DMZホストの

  IPアドレスを入力後、保存を選択します。

  続いて、インターネットサービスプロバイダ(ISP)にPCのMACアドレスを登録している場合、MACアドレスの複製を行います。

  上記の画面においてMACアドレスの複製を選択することにより、以下の画面が表示されます。

 

 

 6.設定‐MACアドレスの複製

 

RVS7.PNG

設定‐MACアドレスの複製画面

  上記の画面がMACアドレスの複製の設定画面です。ここでは、ISPにPCのMACアドレスを登録している場合に、

  そのMACアドレスを本ルータがクーロンし、ISPに登録済みのPCのMACアドレスをルータのMACアドレスに変更

  することなしにISPを使用するために設定です。

  必要がある場合(ISPがPCのMACアドレス登録制)の場合は、MACアドレスの複製を有効とし、登録済のPCの

  MACアドレスを入力後、保存を選択します。

  続いて、拡張ルーティングの設定を行います。上記の画面において拡張ルーティングを選択することにより、以下

  の画面が表示されます。

 

 

 7.設定‐拡張ルーティング

 

RVS8.PNG

設定‐拡張ルーティング画面

 

  上記の画面が拡張ルーティングの設定画面です。ISPと接続する場合は、動作モードでゲートウェイを選択します。このモードでは、

  接続されるすべてのネットワークデバイスからWANの参照が可能となります。動作モードがゲートウェイの場合はNATが有効とな

  ります。動作モードにてルータを選択した場合は、他にISPと接続しているルータが必要となります。また、NATは無効となり、PC

  毎にインターネットのIPアドレスの設定が必要となります。

  スタティックルーティングが必要な場合は、スタティックルーティングのエントリを作成します。

  VLAN間ルーティング(異なるサブネットVLAN間パケットルーティング)が必要な場合に、VLAN間ルーティングを有効にします。

  拡張ルーティングの設定が完了後、保存を選択します。

  続いて、本ルータの時間の設定を行います。上記の画面において時間を選択することにより、以下の画面が表示されます。

 

  

 8.設定‐時間

 

RVS9.PNG

設定‐時間

  上記の画面が時間の設定画面です。ここでは、ルータの時間を手動で設定するのか、NTPを使用するのかを選択します。さらに、

  日本の場合は時間帯で(GMT+9:00)大阪、札幌、東京を選択します。待つ時間の調整が必要な場合は、夏時間を有効にします。

  ユーザ自身がNTPサーバを持っている場合には、ユーザ定義のNTPサーバを有効にし、NTPサバのIPアドレスを入力します。

  時間の設定が完了後、保存を選択します。

  最後にIPモードの設定を行います。上記の画面においてIPモードを選択することにより、以下の画面が表示されます。

 

 

 9.設定‐IPモード

 

RVS10.PNG

設定‐IPモード画面

  上記の画面がIPモードの設定画面です。モードをIPv4のみと選択した場合は、インターネット及びローカルネットワークは

  IPv4を利用します。デュアルスタック対応IPを選択した場合は、インターネットはIPv4を利用し、ローカルネットワークでは

  IPv4及びIPv6を利用します。LANのIPv6ホストは、6to4トンネル(RFC3056)を経由してリモートのIPv6アイランドに接続

  します。

  IPモードの設定が完了後、保存を選択します。

 以上でRVS4000-JPの設定(本体の設定)の説明は終了です。