キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

無線 LAN スイッチSG300-10P-JPと無線 LAN WAP4410N-JPとの接続設定例 (テキスト版)

ONU->RVS4000-JP->SG300-10P-JPとWAP4410N-JPとの接続設定例です。(動作確認済み)

 1.設定前の準備

  無線LANの電源がオフの情謡で、マネージドスイッチSG300-10P-JPのLANコネクタと無線LANのLANコネクタを

  LANケーブル(カテゴリ5以上)接続します。

  設定するPC(本例ではWindows7)に、あらかじめFindITをインストールしておきます。

  無線LANの電源をオンにします。

 2.設定画面表示

  インターネットエクスプローラを開き、下記の画面で無線LANのホスト名(デフォルト名)が表示されていることを確認後、

  ホスト名を選択します。

WLAN.png

初期表示画面

  上記の画面にて、FindITの中のワイヤレスに表示されているホスト名を選択します。

  選択することにより、以下の画面が表示されます。

 3.ログイン

WLAN1.png

ログイン画面

  上記の画面において、ユーザ名とパスワードを入力し、設定画面に入ります。初期設定ではユーザ名およびパスワードともadminです。

  言語(Language)は日本語をプルダウンメニューで選択後、ログインを選択します。

 4.初期表示画面の確認

  ログイン後、以下の画面が表示されます。

WLAN3.png

基本設定画面

  上記の画面は、ルータ->スイッチ->無線LANがつながっている状態を示しています。

 5.基本設定

WLAN5.png

基本設定画面

  上記の画面において、適切なホスト名の設定や無線LANのネットワークアドレスの設定を行います。

  上記の例では、無線LANのネットワークアドレスをスタティックIPアドレスとしています。無線LANのIPアドレスを設定する

  場合は他の機器と競合しないよう注意が必要です。

  設定完了後に保存を選択すると以下の画面が表示されますので、リブート完了を待ちます。

WLAN6.png

 

リブート中画面

 6.ワイヤレスの設定(SSID)

  以下の画面を開き、ワイヤレスの設定を行います。

WLAN7.png

ワイヤレス基本設定画面

  上記の画面において、ワイヤレスモード、ワイヤレスチャネル及びSSID名を適切に入力して保存します。

 7.ワイヤレスセキュリティの設定

  以下の画面を開き、ワイヤレスセキュリティの設定を行います。

WLAN8.png

ワイヤレスセキュリティ設定画面

  上記の画面において、使用したいセキュリティモードを選択し、適切なセキュリティキー等を入力後、保存します。

WLAN9.png

ワイヤレスセキュリティ設定画面(WPA-Professional設定例)

  上記の画面は、ワイヤレスセキュリティとして、WAP-Professionalの設定を行った例となります。

 8.PC等のワイヤレスの設定を行い、接続を確認

  ワイヤレス接続(無線LAN:Wi-Fi)機能のある端末(PC等)の設定を行い、接続を確認します。