キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

インターフェースの名前を変更する

IOS ルータとスイッチと違って、ASA では基本設定の一環として、nameif コマンドでインターフェースに名前を付ける必要があります。

もし何らかの理由で稼働中の ASA 上インターフェースの名前を変更したい場合、IOS などではコマンドの前に no を付けて実行し、既存の設定を削除してから新しく定義することになりますが、nameif の場合は要注意です。no nameif を実行すると、該当名前を含む他の部分の設定が全部削除されてしまいます。

正しい変更方法は、nameif コマンドを新しい名前を引数に付けてもう一回実行することです。

ciscoasa(config)# show nameif
Interface                Name                     Security
GigabitEthernet0/0       internet                   0
ciscoasa(config)#
ciscoasa(config)# show running-config access-group
access-group OUTSIDE_IN in interface internet
ciscoasa(config)#
ciscoasa(config)# interface gigabitEthernet 0/0
ciscoasa(config-if)# nameif outside // インターフェースの名前を internet から outside に変更する
ciscoasa(config-if)#
ciscoasa(config-if)# show running-config access-group
access-group OUTSIDE_IN in interface outside // 関連設定では自動的に新しい名前に更新される
ciscoasa(config-if)#
ciscoasa(config-if)# no nameif
ciscoasa(config-if)#
ciscoasa(config-if)# show running-config access-group // no nameif を実行すると、access-group などの関連設定が削除される
ciscoasa(config-if)#

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-27-2010 04:32 PM
更新者:
 
ラベル(1)