シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

複数のWSA間でのWBRSスコア又はURLカテゴリー情報が異なる

複数のWSAを使用している際に、同じURLに、同じ時間にアクセスしているにもかかわらず、

WBRS(Web Reputation Score)の値やURLのカテゴリーが違う事があります。

これは下記の3つの理由が考えられます。

1. WBRSフィルターのバージョンが違う

2. URLの名前解決が違うIPアドレスになる

3. WBRS及びURLカテゴリーのキャシュは8時間保持される

WSAが他のWSAと違うWBRSフィルターのバージョンを使用していると、WBRSの値やURLカテゴリーが違う事があります。

WBRSフィルターのバージョンは、CLIで"version"コマンドを使用すると確認できます。

Cisco IronPort URL Filtering Engine:

Web Reputation Engine:

Web Reputation Prefix Filters:

上記がWSA間で異なるなら、WBRS及びURLカテゴリーが違う事があります。

WSAが設置してある拠点が異なり、それぞれのWSAが使用しているDNSサーバが異なる場合、同一のURLの名前解の結果が異なった

IPアドレスになる事があります。IPアドレスがスコアを決める一因であるため、異なるIPアドレスの場合にもWBRSの値が異なってしまう

事があります。それぞれのWSAで同じ名前解決の結果になるかはCLIで"nslookup"コマンドを使用して頂ければ確認できます。

WBRSの結果及びURLカテゴリはキャシュに保存されます。このキャシュは8時間保持されます。時間の変更はできません。

キャシュをクリアするには、機器の再起動をして頂くか、Webレピュテーションフィルタリングを一度無効にし、再度

有効にして頂く必要があります。

現在、8時間毎にキャシュがクリアされないURLが発生するバグ(CSCuj51278)が報告されていますが、

機器の再起動、またはWebレピュテーションフィルタリングを一度無効にし、再度有効にする事で

キャシュをクリアできます。

313
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント