キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ACS 5.1 での Support Bundle の decrypt(復号化) 手順

1. 目的

ACS 5.1 で取得頂いた Support Bundle については、取得頂いたログを確認する為には、

事前にACS 5.1 上で decrypt(復号化) して頂く必要があります。

本ドキュメントは、ACS 5.1 で取得頂いた Support Bundle の decrypt(復号化) 手順について

述べております。

※ 弊社にお問い合わせのログを提供頂く際に事前に decrypt  して頂いたファイル提供の

   ご協力をお願いできれば助かります(必要に応じて decrypt 後にパスワード付きの圧縮

   ファイルにして頂いたファイルの提供頂いても可能です)。

2. Support Bundle の decrypt の手順

以下は、CLI(admin) と GUI(acsadmin) の管理者の権限を持ったユーザでの作業となります。

また、事前に Support Bundle を取得して頂いており、且つ、その Support Bundle はリポジトリ上に

存在している事が前提となります。

1) ACS にターミナルソフトを使用してログイン(要CLI の管理者)。

acs  login: admin

Password:

2) acs-config コマンドで acs configuration mode に移行(要GUI の管理者)。

acs/admin# acs-config

Escape character is CNTL/D.

Username: acsadmin

Password:

3) decrypt-support-bundle コマンドで復号化。

    ※ 以下の出力は、リポジトリ名は "myrepo" で、そのリポジトリに事前に取得された

       Support Bundle が ”bundle.tar.gz" というファイル名である場合の例です。

acs/admin(config-acs)# decrypt-support-bundle myrepo bundle.tar.gz

Decrypting Support Bundle...

Repository: myRepository

Support Bundle: bundle.tar.gz

Decryption completed successfully - decrypted bundle: dec_28716.tar.gz is located on your  repository.

3) 復号化が終了すると上記の例のようなファイル名 dec_ で始まるファイル(上記の例では、dec_28716.tar.gz)が

   リポジトリ上に作成致しますのでそちらをアーカイブツール等で展開できるようになります。

関連記事:

DOC-39564 ACS 5.x Support Bundle の GUI/CLI での取得方法

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-21-2014 09:32 AM
更新者: