シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASA で memory tracking する

一定期間で正常に動作していた ASA が、突然何らかの機能がうまく働かなくなり、ASA の再起動によって障害が一時的に解消されますが、時間が経つとまた再発することがあります。このような障害の場合、例え show memory で顕著なメモリ不足が確認できなくても、メモリリーク関連の問題である疑いが持たれます。

ASA の動作上メモリリークの疑いがありましたら、一般的に有効なトラブルシューティング手法として memory tracking があります。それを実施する方法を紹介します。

まず、グローバル設定モードで memory tracking 機能を有効にします。

ciscoasa(config)# memory tracking enable

そして、障害が発生するまでの期間に応じて、下記の show コマンドを定期的に採取しておきます。例えば、1週間ほどで再発するような障害であれば一日3回、2~3月間で再発するような障害であれば三日に1回など、感触的にはリークが進むことを確認できる頻度で取得すればよいです。なお、トラフィックのピーク時間帯などもあるかもしれないので、可能であれば、時間帯を決まって定期的にログを取得することを勧めます。

ciscoasa(config)# show memory tracking
memory tracking by caller:
  bytes-threshold:        0
  allocates-by-threshold: 0
           516 bytes from     1 allocates by 0x08197805
            80 bytes from     1 allocates by 0x0870df86

もし本当にメモリリークが発生しているなら、上記の show memory tracking を何度かとっていれば、allocates の数値が単調増加する関数が現れてくるはずです。下記のコマンドを使って、それら単調増加するものに対して、使用しているメモリの詳細情報を確認します。"show memory tracking address | include " のあとに付くのは、show memory tracking の出力で "allocates by " の後に付いている十六進数の値です。

ciscoasa(config)# show memory tracking address | include 0x08197805
           516 bytes from     1 allocates by 0x08197805
           516 byte region @ 0xcd2a5af0 allocated by 0x08197805

上記出力の内、 "@" に続くアドレス番地をいくつか指定してメモリを dump します。この例では "@ 0xcd2a5af0" の一行しかないですが、アドレス番地が複数行ある場合、何個かのアドレス番地を指定して dump すればよいです。

ciscoasa(config)# show memory tracking dump 0xcd2a5af0
Tracking data for the 516 byte region at 0xcd2a5af0:
  Timestamp: 01:24:02.658 UTC Sat Jul 31 2010
  Traceback:
    0x080df280
    0x08aa40dd
    0x092ddd68
    0x08197805
    0x0874a7d5
    0x0874c9c5
    0x087511b1
    0x08759525
    0x08759fc3
    0x0870a586
Dumping 516 bytes of the 516 byte region:
cd2a5af0: 00 00 00 00 00 00 00 00 01 00 00 00 00 00 00 00  |  ................
cd2a5b00: 00 00 00 00 69 64 3d 61 00 00 00 00 79 00 00 00  |  ....id=a....y...
cd2a5b10: 98 91 16 cd b0 a0 16 cd 79 6c 6f 61 64 73 20 3a  |  ........yloads :
cd2a5b20: 20 48 44 52 20 2b 20 48 41 53 48 20 28 38 29 20  |   HDR + HASH (8)
cd2a5b30: 2b 20 41 54 54 52 20 28 31 34 29 20 2b 20 4e 4f  |  + ATTR (14) + NO
cd2a5b40: 4e 45 20 28 30 29 20 74 6f 74 61 6c 20 6c 65 6e  |  NE (0) total len
cd2a5b50: 67 74 68 20 3a 20 37 32 00 45 7d b6 01 07 b8 d3  |  gth : 72.E}.....
cd2a5b60: 08 9b 1f bb 5f bd 59 8d 33 5e a8 d0 14 64 fc a0  |  ...._.Y.3^...d..
cd2a5b70: e9 f9 29 d8 b0 b6 0b be 59 e5 56 e5 b9 07 0a b0  |  ..).....Y.V.....
cd2a5b80: bd 8f 13 e0 10 0c 9e 15 1a 40 9b ad 42 48 cc af  |  .........@..BH..
cd2a5b90: e5 00 84 9e 2d 95 67 fc 8c c4 c4 55 36 67 1f 42  |  ....-.g....U6g.B
cd2a5ba0: 2e 75 be 6c 43 9d 6e ad 67 59 78 0a 96 56 8b b4  |  .u.lC.n.gYx..V..
cd2a5bb0: e6 e4 60 48 25 7a e8 a6 ec e7 8a 0c 85 d8 d7 4e  |  ..`H%z.........N
cd2a5bc0: b1 17 cd 3d 54 fe 99 17 04 9d bc 20 68 2a a5 35  |  ...=T...... h*.5
cd2a5bd0: 6e 83 d3 d7 01 36 aa 3f d4 09 a1 9d e0 ed ee 85  |  n....6.?........
cd2a5be0: 63 e1 c1 5f a4 75 3f fb 11 3b 7c bb c7 be 63 fc  |  c.._.u?..;|...c.
cd2a5bf0: 4f 33 29 3d 7c 43 57 5f c5 65 5f 45 77 68 cd 8d  |  O3)=|CW_.e_Ewh..
cd2a5c00: 00 00 00 01 00 00 00 01 00 00 02 20 01 01 00 0e  |  ........... ....
cd2a5c10: 03 00 00 28 01 01 00 00 80 01 00 07 80 02 00 02  |  ...(............
cd2a5c20: 80 04 00 02 80 03 fd e9 80 0b 00 01 00 0c 00 04  |  ................
cd2a5c30: 00 20 c4 9b 80 0e 01 00 03 00 00 28 02 01 00 00  |  . .........(....
cd2a5c40: 80 01 00 07 80 02 00 01 80 04 00 02 80 03 fd e9  |  ................
cd2a5c50: 80 0b 00 01 00 0c 00 04 00 20 c4 9b 80 0e 01 00  |  ......... ......
cd2a5c60: 03 00 00 28 03 01 00 00 80 01 00 07 80 02 00 02  |  ...(............
cd2a5c70: 80 04 00 02 80 03 00 01 80 0b 00 01 00 0c 00 04  |  ................
cd2a5c80: 00 20 c4 9b 80 0e 01 00 03 00 00 28 04 01 00 00  |  . .........(....
cd2a5c90: 80 01 00 07 80 02 00 01 80 04 00 02 80 03 00 01  |  ................
cd2a5ca0: 80 0b 00 01 00 0c 00 04 00 20 c4 9b 80 0e 01 00  |  ......... ......
cd2a5cb0: 03 00 00 28 05 01 00 00 80 01 00 07 80 02 00 02  |  ...(............
cd2a5cc0: 80 04 00 02 80 03 fd e9 80 0b 00 01 00 0c 00 04  |  ................
cd2a5cd0: 00 20 c4 9b 80 0e 00 80 03 00 00 28 06 01 00 00  |  . .........(....
cd2a5ce0: 80 01 00 07 80 02 00 01 80 04 00 02 80 03 fd e9  |  ................
cd2a5cf0: 10 32 e3 5e                                      |  .2.^

増加傾向が確認できた関数に対して、それぞれ上記手順でメモリ dump を取れば、その情報をもって TAC にお問い合わせください。

メモリリークのスピードによりますが、遅くとも二、三週間ぐらいかければ、必要な情報が集められると思います。

2222
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント