キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CSM がインストールされた windows server で、Event ID 10016 の DCOM エラーが出力される

CSM (Cisco Security Manager) がインストールされた windows サーバで、イベント ID 10016 の DCOM

エラーがイベントログに出力されることがあります。

DCOMerrorUP.png

これは、CSM が作成する ユーザーである、casuser に、DCOM object である netman の起動権限が

ないために出力されます。エラーの出力を止めるためには、casuser に権限の付与を行う必要があります。

① start > administrative tools > component services とたどり、Component Services の設定変更画面を開く。

② 右ペインで、Component Services > Computers > My Computer > DCOM Config

    に移動。

③ netman を右クリックし、Security タブの Launch and Activation Permissions

    を変更し、<ホスト名>\casuser のエントリを追加し、全ての項目を Allow に変更。

これで設定変更は完了です。

DCOMconfiguration.png

ちなみに、windows2008 以降では、セキュリティ強化により、netman の permission 変更メニューはグレーアウト

されていますので、少し工夫がひつようです。下記の URL の内容が役に立つと思いますので参照頂ければ

と思います。

http://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_vista-security/dcom-error-10016-cannot-change-permissions-in/dfdb4fa6-c867-4af1-b650-3a188d26d36b

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-27-2011 06:02 AM
更新者:
 
ラベル(1)