キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

FTD/FDM: Troubleshooting file(TS file) の作成・取得の方法

[toc:faq]

 

1. はじめに

FTD を管理する際、FMC による Off-Box management ではなく、FDM の On-Box management による管理方法がございます。 FTD のトラブルシューテングにおいては Firepower system のトラブルシューティングと同様、Troubleshooting file(TS file) から調査を行うことが非常に多いため、 この Topic では TS file の作成・取得の方法を GUI(FDM)/CLI 別に紹介いたします。

Note: CLI での取得は GUI での作業が何らかの理由で難しい場合にご利用ください。

 

2. FDM での作成・取得方法

2-1. FDM にログインします。

2-2. Device タブ > Troubleshoot > REQUEST FILE TO BE CREATED をクリックします。

2-3. TS file の生成が開始されます。

2-4. 完了後、赤枠のダウンロードリンクから TS file がダウンロードできます(TS file の形式は xxxxxx.tar.gz となります)。

3. CLI での作成・取得方法

3-1. CLISH モードで system generate-troubleshoot all コマンドを実行します。

> system generate-troubleshoot all 
Starting /usr/local/sf/bin/sf_troubleshoot.pl...
Please, be patient. This may take several minutes.
The troubleshoot option code specified is ALL.
getting filenames from [/ngfw/usr/local/sf/etc/db_updates/index]
getting filenames from [/ngfw/usr/local/sf/etc/db_updates/base-6.1.0]
Troubleshooting information successfully created at /ngfw/var/common/results-10-27-2016--80250.tar.gz

3-2. file secure-copy コマンドで生成されたファイルをコピーします。

> file secure-copy x.x.x.x toishika /home/toishika results-10-27-2016--80250.tar.gz 
toishika@x.x.x.x password:
copy successful.
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-20-2016 04:47 AM
更新者: