シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Remote Power Cycle(RPC)ポートの利用

コンテンツセキュリティ製品の物理アプライアンスx80モデル以降には Remote Power Cycle(RPC)ポートが用意されており、このインターフェイスを利用してネットワーク経由での機器の起動が可能です。

ESA: AsyncOS 8.0.1以降、SMA: AsyncOS 8.1.1以降、WSA: AsyncOS 7.7.0-725以降)

  • 設定方法

CLI "remotepower"コマンドを利用してRPCポート用のIPアドレスを設定します。

以下はコマンドラインでの設定操作例です。

(hostname)> remotepower

 

Current remote power settings:

Access to IPMI remote power commands currently disabled.

 

Choose the operation you want to perform:

- SETUP - Configure IPMI for chassis remote power access.

[]> setup (“SETUP”サブコマンドを入力し設定を開始する)

 

Do you want to enable remote access to chassis power commands?

[N]> y

 

Please enter the IP address (IPv4 only) for the chassis.

[]> 192.168.0.100 (RPCポートのIPアドレスを指定)

 

Please enter the netmask.

[]> 255.255.255.0 (RPCポートのネットマスクを指定)

 

Please enter the gateway address.

[]> 192.168.0.254 (RPCポートからのゲートウェイアドレスを指定)

 

Please enter the user name that will be used to log in to the chassis.

[]> cisco (RPCポートを利用する際のユーザ名を指定)

 

Please enter the password.

> (パスワードを指定)

Please enter the password again to confirm.

> (パスワードを再入力)

 

Current remote power settings:

Access to IPMI remote power commands enabled.

IP Address: 192.168.0.100

Netmask: 255.255.255.0

Gateway: 192.168.0.254

User name: cisco

 

Choose the operation you want to perform:

- SETUP - Configure IPMI for chassis remote power access.

[]>

 

(hostname)> commit (“commit”コマンドで設定を反映)

 

"commit"操作後、設定が有効になるまで暫く時間がかかります。

10分程度経過後、RPCポートに設定したIPアドレスに対して PING などで通信が可能な状態になるか確認してください。

  • 利用方法

IPMIユーティリティが利用できるクライアントより、RPCポートに"chassis power"コマンドを送ります。

RPCポートでは"chassis power" コマンド以外のコマンド利用はサポートしていません。)

 

以下は"ipmitool"をインストールしたCentOS/Red Hatでの操作例です。

 

"Get Device ID command failed: 0xd4 Insufficient privilege level"

メッセージが表示されても問題ありません。無視してください。)

 

アプライアンスの状態を確認します。

# ipmitool -H 192.168.0.100 -U cisco -P (パスワード) chassis power status

Get Device ID command failed: 0xd4 Insufficient privilege level

Chassis Power is off

 

アプライアンスをオン状態にして起動させます。(AsyncOSの起動には操作後

数分かかります。)

# ipmitool -H 192.168.0.100 -U cisco -P (パスワード) chassis power on

Get Device ID command failed: 0xd4 Insufficient privilege level

Chassis Power Control: Up/On

 

"power"コマンドの利用可能なオプションとしては他に以下のようなものがあります。

 

soft   ACPI経由でのOSへのシャットダウン要求

off    :機器をオフ状態へ

cycle  :機器を一旦オフ状態にした後、1秒後にオン状態へ

reset  :機器のH/Wリセット

diag   CPUへのNMI割込要求(オン状態のままAsyncOSは動作停止します)

ただしこれらのコマンドによる停止、再起動はOSの安全な停止操作や停止操作の記録が行われないため通常の運用での停止、再起動にご利用されることはお勧めしません。

通常の運用でのAsyncOSの停止、再起動を行う場合はCLI "shutdown", "reboot"コマンドや管理GUIなどOSからの停止、再起動操作を行ってください。

 

AsyncOS操作不可状況下でRPCポート経由で強制停止、再起動を試みる場合は、まずは"soft"での停止を試み、それでも停止しない場合に "off", "reset" をご利用ください。

169
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント