シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

Cisco Nexus 5000 and 2000: Architecture and Features Overview

Community Member
2012-09-25 12:00 AM PST thru 2012-09-25 12:00 AM PST

[toc:faq]

スピーカー紹介

桝見 敏弘(マスミ トシヒロ)

シスコテクニカルサポート、DATA CENTER SWITCHING Team

2006年入社。Cisco Japan TAC のカスタマーサポートエンジニアとして、Catalyst シリーズスイッチ、Nexus シリーズスイッチのサポートを経験。

現在は主に Nexus シリーズスイッチの技術サポートを行なっている。

保有資格: CCIE R&S #19452、VMWare VCP5、VMWare VCAP4-DCA、RedHad RHCE

セミナーの録画ビデオはこちらからご覧いただけます。


10月7日(日)まで「エキスパートに質問」で質問を受け付けています。

質問

Q1. F2 モジュールとM1モジュールのL3機能に違いはありますか?

A1.

1) FIBテーブルのサイズが、M1の方が大きい。

   M1 は 128K、M1-XL では1MのFIBテーブルを使用可能です。

   F2 は 32K となっていますので、対応可能なルート数が大きく異なります。

  (ちなみに、M1 と M1-XL は同価格で提供されているらしいです)

2)M1でサポートされているが、F2 でサポートされていない機能として、

ERSPAN, FCoE, GRE tunnels, LISP, MAC Security, MPLS, Netflow, OTV, PIM-Bidir, 等があります。

これらF2シリーズでサポートされていない機能の内、LISP, MPLS, OTVについてはF2のハードウエア自体が

対応していない為、将来的なサポート予定もありません。

Q2. スライド10に XL table サイズというのが記載してありましたが、XL と non-XL やF1, F2 を一緒に使う事はできますか?

A2. XL と non-XL を混在させると non-XL モードでの動作となります。F1 は L3 table を持たないので、XL, non-XL どちらとも混在可能です。F2 は専用の VDC で使います。

Q3. tac-pacはCPUの負荷は上がりますか?

A3. tac-pac 実行時には、ファイルを生成して圧縮する動作が発生するため、瞬間的に CPU 使用率が高くなる可能性がありますが、NX-OS は適切に CPU のスケジューリングがされており、他の優先度の高いプロセス処理に支障を及ぼすことはございません。

Q4. tac-pac のサイズは何に依存するのですか?

A4. 使用されているハードウエア構成、feature や稼働期間などに依ります。

Q5. NxOS のモジュラリティは、VDC ごとでも分離・保護されているのですか?

A5. はい。kernel や kernel module を除いて VDC ごとにモジュラリティを実現しているため、各 VDC は分離されています。

Q6. スライド15。 N7K-M132XP-12 はポート数とファブリックインタフェースの帯域の差が大きいですが、この LC ではファブリックがボトルネックにならないのですか?

A6. 要件に応じて Dedicated Mode へ設定変更することで non blocking モードで動作します。VPC PeerLink のような重要なサービスを提供するポートでは dedicated mode が推奨されます。

Q7. スパニングツリーを設定しなくても、運用可能でしょうか?

A7. はい。STP は無効でも運用可能です。ただし、L2 Forwarding Loop によるリスクがございますので、ネットワーク設計に注意を払う必要がございます。

Q8. debug logfile を複数作れる? 作ったファイルは削除しなくていい?

A8. 複数作成可能。 dir log: にて確認。不要なら delete log:xxxx で削除してください。

Q9. クラッシュ発生時には IOS のように crashinfo が出来るのですか? どこにできますか?

A9. show core で。LC のコアファイルも、Sup にダウンロードされて show core で確認できます。

Q10. スライド10に XL table サイズというのが記載してありましたが、XL と non-XL やF1, F2 を一緒に使う事はできますか?

A10. XL と non-XL を混在させると non-XL モードでの動作となります。F1 は L3 table を持たないので、XL, non-XL どちらとも混在可能です。F2 は専用の VDC で使います。

Q11. 電源の冗長化はどの様になっていますか?

A11. insrc-redundant, ps-redundant, insrc & ps redundant に対応。combined でも使用可。

Q12. Cat6K の E-FAN, FAN2 ように機器構成に応じた FAN module の交換は必要ないのですか?

A12. ありません。

66
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント