シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

2014/8/6 Webcast「Nexus データセンター スイッチの 概要」 Q&A

2014 年 8 月 6 日(水)開催 Live Expert Webcast で行われた Q&A 集です。

録画ビデオはこちらから、資料はこちらよりご覧いただけます。

---------------------------------------------------------------------

Q1. デザインについて、Nexus6000(vPC利用) と Catalyst(非VSS機器) を接続する場合、VPC で接続することが好ましいか。
A1. vPC を使わない場合は spanning-tree を使用する必要がある。vPC を使えば、spanning-tree のコンバージェンスが必要ないので、早いです。

 

Q2. PBR TCAM region サイズがデフォルトで 0 割り当てを変更する必要があると思うが、その目安はあるか。
A2. 一般的な目安という基準はない。お客様で必要な機能とリソースを確認し、策定する必要があります。 使用しない機能がある場合には feature 自体を disable (no feature xxx) で消去することが望ましいです。
 

Q3. vPC と Fex multi-home 環境で version up を行いたい場合、issu をサポートしていないと思うが、その手順について確認したい。
A3. Configuration Guide などに詳細な手順が記載されているものがあるので、そちらを参照して頂きたいです。
 

Q4. log viewer を使うとどのくらい時間が短縮されますか。ログの見落としはなくなりますか。
A4. ログが見やすくなるので、Nexus に慣れていない方にとって、より見やすくなるので、時間短縮が期待できます。 見落としを全て防止できるわけではないが、必要な箇所を整理して確認できるので、見落としの防止につながるのではないでしょうか。
 

Q5. Nexus 5548UPに 2 台の Nexus 2232PP を接続して、Nexus 2232PP 上の 64 ポートで FCoE を使用したいと考えています。 しかしながら、「N55-48P-SSK9」ライセンスは 48 ポートの FCoE ライセンスと認識しています。そこの考え方はどうなっていますでしょうか。2 台の Nexus 2232PP を接続しても 48 ポートしかFCoEが使用できないのでしょうか。 それとも Nexus 5548UP 上の 48 ポートで FCoE が有効になるため Nexus 2232PP×2台(全 64 ポート)で FCoE が使用できますか。
A5. Nexus 2232PP の Host Interface(HIF)はライセンスのポート数には勘定されません。 Nexus 2232PP にて FCoE を使用されたい場合は、その uplink port が接続される Nexus 5548UP 上の I/F分のライセンスがあれば十分となります。 その為、Nexus 5548UP にて 48 port 分全てのライセンスを購入されている場合は、特に追加のライセンス無しで Nexus 2232PP 上の全 HIF で FCoE をご使用頂けます。

 

115
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント