キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ACE: 設定の一括保存方法

ACE は Context 単位で設定を行うため、複数 Context を使用している場合、個別に show run を取得するだけでも手間がかかります。

ACE4710/Admin# show run

Generating configuration....

[snip]

ACE4710/Admin# changeto c1

ACE4710/c1# show run

ACE4710/Admin# changeto c2

...

個別に show runshow startup を実行する手間を省き、一括でバックアップ/復元を行う、backup コマンドが、ACE10/20 module の場合 A2(3.0) 以降で、ACE30, ACE4710 は A4(1.0) 以降で、サポートされています。 backup コマンドに all オプションを設定することで全ての context における設定をバックアップすることができます。 show backup status でバックアップ先のファイル名と Status が確認できます。 ファイルは disk0: に保存されます。 また、このファイルは上書きされ、古いファイルは削除されます。

ACE4710/Admin# backup ?

all          Backup all the contexts

  exclude      Exclude ssl-files,checkpoints

  pass-phrase  Provide the pass-phrase

  <cr>         Carriage return.

ACE4710/Admin# backup all

Backup started. Use show commands for status information.

ACE4710/Admin#

ACE4710/Admin# show backup status

Backup Archive: ACE4710_2012_04_26_20_26_23.tgz

Type          : Full

Start-time    : Thu Apr 26 20:26:23 2012

Finished-time : Thu Apr 26 20:26:23 2012

Status        : SUCCESS

Current vc    : c2

Completed     : 3/3

ACE4710/Admin#

ACE4710/Admin# dir disk0: | i ACE4710_2012

    3537 Apr 26 2012 20:26:23 ACE4710_2012_04_26_20_26_23.tgz

ACE4710/Admin#

ACE4710/Admin#

ACE4710/Admin# backup all

Backup started. Use show commands for status information.

ACE4710/Admin#

ACE4710/Admin# dir disk0: | i ACE4710_2012

    3539 Apr 26 2012 21:39:33 ACE4710_2012_04_26_21_39_33.tgz

ACE4710/Admin#

ANM や Device Manager 等、GUI 経由でも同様のことが実行できます。

backup01.png

上記 Config -> Virtual Contexts -> System -> Backup/Restore を選択すると上記のような画面になります。 そこで、Backup をクリックすると、下記のような画面が表示されます。 Step2 の Backup on device にチェックを入れると全ての context の設定が保存されます。

backup02.png

上記 OK をクリックすると、下記のように先ほどの画面に戻りますが、バックアップに成功している場合、Backup Archive のファイル名が更新されています。

この画面で Restore を選択すると、バックアップファイルから設定を復元することが可能です。

backup03.png

Admin -> Tools -> File Browser -> disk0: -> Admin を選択すると、disk0: が確認できます。 File にチェックを入れ、Download をクリックすることで、バックアップしたファイルを Download することができます。

backup04.png

root@linux:~# tar -tf ACE4710_2012_04_26_22_12_28.tgz

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/c2-startup

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/c2-running

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/c1-startup

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/c1-running

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/Admin-ACE-AP-2PACK_BASE.lic

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/Admin-ft_basic.chkpt

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/Admin-basic.chkpt

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/Admin-startup

ACE4710_2012_04_26_22_12_28/Admin-running

root@linux:~#

先ほどの Backup 画面で、Step1 の Backup config on ACE(disk0:) and then copy to remote system を選択すると、disk0: へファイルをバックアップするだけではなく、そのファイルを FTP/SFTP/TFTP server へコピーすることが可能です。 FTP/SFTP/TFTP server が接続されている環境であれば、ブラウザ経由ではなく、これらのプロトコルを用いることで、一度にバックアップとファイルのダウンロードが行えます。

backup05.png

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-27-2012 01:54 PM
更新者:
 
タグ(2)