シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

APIC GUI の手引き 2

ACI に関しては、ACI How To というポータルサイトに情報を集約しています。 そのため、設定やトラブルシューティング等、ACI に関する情報収集はまず、ACI How To をご参照ください。

このコンテンツも APIC GUI の手引き 2 というタイトルで同様の内容が掲載されています。 Cisco Support Community は、Font や Format がくずれてしまうのでこのコンテンツも ACI How To での閲覧をお勧めします。

はじめに

APIC GUI 手引き には GUI 上部の Tab について説明が書かれていますが、右上にもう 1 つ重要な項目が残っています。

このコンテンツでは、welcome [username] を click したときに表示される項目について簡単に説明します。

AAA Login している user の、認証に関する設定変更が可能です。自分自身の設定ではなく、異なる user の認証に関する設定は、Admin > AAA から設定可能です。
Show API Inspector GUI から行った設定に関する Troubleshooting を行う時の必須項目です。Show API Inspector を起動すると、別 window が開き、GUI に対して行なっている HTTP request を表示することができます。画面表示に関しては GET method が、設定に関しては POST method が使用されるため、POST で filter を行うと、GUI で行った設定のみを表示することが可能です。API Inspector に関しては、より詳細な内容が API Inspector の活用 にも記載されています。
Documentation それぞれ、API, Cobra SDK, APIC の CCO Documentation が表示されます。API Documentation は、Class を調べるだけでなく、Event, Fault, Syslog に関して調査を行う場合にも使用します。
Start Remote Logging API Inspector の外部出力用です。URL を入力すると、その server へ情報を転送します。

簡易 Server として、SimpleAciUiLogServer が GitHub 上に公開されています。詳細な使用方法は、GitHub を参照してください。python script なので、download した後に、SimpleAciUiLogServer を python で実行するだけで動作します。(Port を開けるため、Firewall の設定を変更する必要があるかもしれません。)
Object Store Browser 別 window で object store browser (別名 Visore) が起動します。class や dn を入力することで mo が確認できます。moquery command の GUI 版のようなものです。直接 https://[apic address]/visore.html と入力しても access 可能です。
Show Debug Info 現在表示している page の class や dn が画面一番下に表示されるようになります。Object Store Browser で入力する class や dn を調べたい時に役立ちます。
About 現在の APIC の version が表示されます。
Settings UI の一部設定を変更できます。
Toggle GUI Mode Advanced/Basic mode を切り替えることができます。
Change Deployment Settings 設定変更/削除時の Warning 出力を変更できます。

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-27-2016 03:49 PM
更新者:
 
ラベル(1)