シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CDS-IS: Prefetch Ingest における Location Leader 決定方法

Location Leader とは

Location Leader (LL) は、同一 Location 内の Service Engine (SE) を代表する SE  のことであり、Delivery Service ごとに決定されます。Location 内に SE が1つしかない場合は、その SE が LL  となります。Content Distribution では、LL だけが上位 Location からコンテンツを取得し、LL 以外の SE は、LL  からコンテンツを取得します。これにより、Location 間の通信を減らすことが可能となります。

LL は、各 SE に割り振られた内部 ID をもとに1台選出されます。Content Acquirer が設置されている Location (Root  Location) では、Content Acquirer がデフォルトで Location Leader となります。

Location Leader の確認方法

以下の構成図に示す例では、ca0 と ca1 を Root Location "HEAD" に配置し、下位 Location に se0、se1(および  sr0)を配置しています。Delivery Service として "service-1" が作成されており、これら全ての SE  が割り当てられているとします。

サンプル構成図.png

どの SE が Location Leader に選出されているかは、以下のコマンドで確認できます。

se0#show distribution delivery-service
   Delivery Service Name      ID Priority Acquirer        Forwarder   Status/Reason
   ---------------------      -- -------- --------        ---------   -------------
               service-1    2094      500       No              se1         REGULAR

se1# show distribution delivery-service
   Delivery Service Name      ID Priority Acquirer        Forwarder   Status/Reason
   ---------------------      -- -------- --------        ---------   -------------
               service-1    2094      500       No              ca0        LOC-LEAD

ca0# show distribution delivery-service
   Delivery Service Name      ID Priority Acquirer        Forwarder   Status/Reason
   ---------------------      -- -------- --------        ---------   -------------
               service-1    2094      500      Yes              N/A             N/A

ca1#show distribution delivery-service
   Delivery Service Name      ID Priority Acquirer        Forwarder   Status/Reason
   ---------------------      -- -------- --------        ---------   -------------
               service-1    2094      500       No              ca0         REGULAR

LOC-LEAD は Location Leader、REGULAR は通常の SE を意味します。

上記出力より、Location "SUB" における LL は se1 であることが分かります。Location "HEAD" では、LOC-LEAD  がありませんが、ca0 の出力にて "N/A" となっていますように、Content Acquirer であるca0 がデフォルトで LL  になっています。これにより、コンテンツは ca0 → se1 → se0 の順で配信されることが分かります。

以下のコマンドでも、コンテンツがどのようなルートで配信されるのかを確認することができます。

se0# show distribution remote traceroute forwarder-next-hop delivery-service-name service-1

Hop NextHop_SEId  NextHop_SEName NextHop_SEIp      GenID Status/Reason
--- ------------  -------------- ------------      ----- -------------
  1    2409                se1    192.168.20.8     1        REGULAR
  2    1766                ca0    192.168.10.5     1       LOC-LEAD (Reached Content Acquirer)

上記例では、se0 は se1 からコンテンツを取得し、se1 は ca0 からコンテンツを取得することが分かります。

393
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント