シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CDS-IS: SE-SR 間の KeepAlive

Servie Engine から Service Router 宛に、デフォルトでは2秒ごとに KeepAlive パケットが送信されています。これにより、Service Routere は、その Service Engine が Online であることを知ることができます。

KeepAlive の間隔は、以下のコマンドで変更することができます。

se0(config)#service-router keepalive-interval ?
  <1-120>  Seconds, default 2 seconds

KeepAlive パケットとしては、2323/udp が使われています。

以下の図は Service Engine (192.168.20.7) から Service Router (192.168.20.9) 宛の KeepAlive パケットをキャプチャしたものです。

SE-SR-KeepAlive.png

Data 部分を見ると分かりますように、KeepAlive パケットの BODY 部分には、XMLデータが含まれています。

上記キャプチャから XMLデータの部分を抜き出したものを以下に示します。

<?xml version="1.0"?>

<KAL version="2.0">

  <sig>hmacmd5096db2cc34756e2e031f29eaae59fc5</sig>

  <pl>

    <dvc>

      <host>se0</host>

      <intfs>

        <intf>

          <ip>192.168.20.7</ip>

          <ip>192.168.20.230</ip>

          <ip>192.168.20.231</ip>

          <ip>192.168.20.232</ip>

          <ip>192.168.20.233</ip>

          <ip>192.168.20.234</ip>

          <ip>192.168.20.235</ip>

          <ip>192.168.20.236</ip>

          <ip>192.168.20.237</ip>

          <ip>192.168.20.238</ip>

          <ip>192.168.20.239</ip>

          <ip>192.168.20.240</ip>

          <intfld>0</intfld>

        </intf>

      </intfs>

      <tex>f</tex>

      <ld>3</ld>

      <df>f</df>

      <csd>f</csd>

      <ki>2</ki>

    </dvc>

    <svcs>

      <svc name="WMT">

        <run>t</run>

        <tex>f</tex>

        <tval>0</tval>

      </svc>

      <svc name="WEB">

        <run>t</run>

        <tex>f</tex>

        <tval>0</tval>

      </svc>

      <svc name="FMS">

        <run>t</run>

        <tex>f</tex>

        <tval>0</tval>

      </svc>

      <svc name="MS">

        <run>f</run>

        <tex>f</tex>

        <tval>0</tval>

      </svc>

    </svcs>

  </pl>

</KAL>

この XML file の フォーマットは公開されておりませんので、詳細については割愛させて頂きますが、Service Engine から Service Router 宛に送られる情報には以下のような項目があります。デフォルトのルーティング方法(load-based redirect) では、この情報をもとに、リダイレクト先の Service Engine を決定します。

  • インタフェース情報
  • サービスの稼働状況
  • 負荷
  • 閾値超過の有無

各 Service Engine から KeepAlive が送られているかどうかは、Service Router 上にて 'show statistics service-router se' コマンドを実行することで確認できます。

SR# show statistics service-router se se0

----- Statistics Of SE: se0 -----
IP Address              : 192.168.20.7
IP Address              : 192.168.20.230
IP Address              : 192.168.20.231
IP Address              : 192.168.20.232
IP Address              : 192.168.20.233
IP Address              : 192.168.20.234
IP Address              : 192.168.20.235
IP Address              : 192.168.20.236
IP Address              : 192.168.20.237
IP Address              : 192.168.20.238
IP Address              : 192.168.20.239
IP Address              : 192.168.20.240
Aliveness               : up
HTTP 302 Redirects      :                 12
ASX Redirects           :                  0
HTTP API Redirects      :                  0
RTSP Redirects          :                  9
RTMP Redirects          :                  0
DNS Redirects           :                  8
Number Of Keepalives    :            1214109

KeepAlive が送られてきていれば、"Aliveness" が up となり、"Number Of Keepalives" の値が KeepAlive Interval (デフォルト2秒)ごとに増加していく様子が確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-26-2012 12:50 PM
更新者: