シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco ACI CLI コマンド「チート シート」

このドキュメントは英語版の翻訳です。最新の内容は英語版をご確認ください。

Cisco ACI CLI コマンド「チート シート」

 

はじめに

このドキュメントは、ACI 環境で使用される役立つコマンドの簡潔なリストを提供することを目的としています。これらのコマンドと使用方法の詳細な情報については、『ACI CLI ガイド』を参照してください。

 

注:従来形式のコマンド(show firmware、show version など)は、このガイドには含まれていません。以下は、ACI の新しいコマンドです。従来のコマンドを追加していく可能性もありますが、このドキュメントではまず「簡潔に」という点に重点を置いています。

 

書式

このドキュメントの書式は次のとおりです。コマンドは <> で囲み太字 で示し、(必要に応じて)コマンド内で設定可能なユーザ指定の引数は () で囲み、引数が複数ある場合は | で区切ります。角カッコ [] は、必須の逐語的な引数に使用されます。コロン(:)は、コマンドとコマンドの説明との間の区切りです。例:

    <show interface (interface ID)>:特定のインターフェイスのステータスと統計情報を表示します。
        interface ID はユーザ指定の引数のため、() で囲まれ、任意のインターフェイスを入力できます。

    <show platform internal [ns|alp] mac asic [0|1]>:MAC ポートのステータスを表示します。
        ns|alp および 0|1 は、それらの引数のいずれか一方を使用する必要があるため、角カッコで囲まれています。

 

コマンド補完機能とヘルプ

ACI の状況に応じたヘルプとコマンド補完機能は、シスコの他のコマンド ライン インターフェイスとは少々異なっています。iShell は大半が Bash に基づいて構築されているため、これらの機能では、Bash 標準のプログラム可能な補完機能が使用されている傾向があります。  

 

  • Tab:Tab キーを使用してコマンドをオート コンプリートできます。入力した文字に一致するコマンドが複数ある場合には、すべてのオプションが水平に表示されます。

    使用例:

     
    admin@tsi-apic1-211:~> mo<Tab>
    moconfig     mocreate     modelete     modinfo      modprobe     modutil      mofind       moprint      more         moset        mostats      mount        mount.fuse   mount.nfs    mount.nfs4   mountpoint   mountstats   mount.tmpfs
    admin@tsi-apic1-211:~> mo

    これは、単なる iShell に留まらず、すべての Bash コマンドを含んでいます。APIC で CLI コマンドを入力せずに Tab を押すと、次のように表示されます。
     
    admin@tsi-apic1-211:~> <Tab>
    Display all 1430 possibilities? (y or n)
  • Esc Esc:Esc を 2 回押すと、使用可能な iShell コマンドの状況に応じたヘルプを取得できます。この場合、コマンドごとに簡潔なヘルプが表示されます。[注:早期のベータ コードでは、文字をいくつか入力した後に Esc を 2 回押すと、一致するすべてのコマンドではなく、その中の 1 つのみが表示されていました。これは、CSCup27989 によって解消されました。]

    使用例:

     
    admin@tsi-apic1-211:~> <Esc><Esc>
     attach           Show a filesystem object
     auditlog         Display audit-logs
     controller       Controller configuration
     create           create an MO via wizard
     diagnostics      Display diagostics tests for equipment groups
     dn               Display the current dn
     eraseconfig      Erase configuration, restore to factory settings
     eventlog         Display event-logs
     fabricnode       Commission/Decommission/Wipeout a fabric node
     faults           Display faults
     firmware         Add/List/Upgrade firmware
     health           Display health info
     loglevel         Read/Write loglevels
     man              Show man page help
     moconfig         Configuration commands
     mocreate         Create an Mo
     modelete         Delete an Mo
    [snip]
    admin@tsi-apic1-211:~>
  • man <command>:すべてのコマンドに man ページがあります。[注:man ページのない iShell コマンドを見つけた場合は、バグに関するケースをオープンしてください。] コマンドのマニュアル(man)ページは、コマンドが実行する内容と、それらのコマンドの使用方法について詳細な情報を提供します。

 

シスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャ CLI コマンド(APIC、リーフまたはスパイン)


クラスタリング ユーザ コマンド
<controller>:現在のクラスタのサイズと APIC の状態を表示します。
<cd /aci/system/controllers/1/cluster> <moset administrative-cluster-size (#)> <moconfig commit>:クラスタのサイズを変更します。
<controller -d -t (ID)>:特定の ID の APIC を使用停止にします。

<eraseconfig setup>:APIC を出荷時の状態にリセットし、リブート後に、セットアップ スクリプトへロードします。
<reload [controller|switch] (nodeID)>:特定の ID の APIC をリブートします。
<acidiag rvread>:健全でないレプリカを表示します。
<acidiag rvread (svc) (shard) (replica)>:1 つのレプリカの状態を表示します。
<avread>:クラスタ サイズ、シャーシ ID、さらにノードがアクティブな場合はレプリカの健全性に関する要約を示す大量の出力。
<acidiag fnvread>:ファブリック ノード ベクトルを表示します。
<acidiag avread>:アプライアンス ベクトルを表示します。
<acidiag verifyapic>:APIC ハードウェアを確認します。
<ip link>:リンクのステータスを表示します。
<cat /proc/net/bonding/(ID)>:ボンド リンクのステータスを表示します。

<show dhcp internal info client>APIC から dhcp アドレスを確認するために、dhcp クライアントの情報を表示します。

<fabricnode (nodeID) [commission|decommission|wipeout]>:特定のノードを作動させるか、使用停止にするか、または除去します。wipeout は、設定を含むノードを完全に除去します。慎重に使用してください。

 

SSL のトラブルシューティング

<openssl s_client -connect (IP):12151> :APIC とノード間の ssl での接続を試行し、SSL 情報を出力します。

<zgrep SSL svc_ifc_appliancedirector.bin.log*>ノードの DME ログのロギングの内容を表示します。
<zgrep SSL svc_ifc_policyelem.log*>:SSL 接続のポリシー要素ログを表示します。
ログは、/var/log/dme/log ディレクトリ内でもチェックできます。

 

スイッチ証明書の検証

<openssl asn1parse < /securedata/ssl/server.crt>印刷可能な文字列の横に、Insieme または Cisco Manufacturing CA をリストします。Cisco は新しいセキュアな証明書がインストールされていることを意味し、Insieme は古いセキュアでない証明書がインストールされていることを意味しています。

<openssl x509 -noout -issuer -subject -dates -in /securedata/ssl/server.crt>:証明書の有効期間の開始日と終了日を表示します。APIC がそれを受け入れるには、有効期間内である必要があります。

<act_util key_pair show (#)>:指定された証明書のキー ペアを表示します。


スイッチの診断
<show module internal event-history module (#)>:特定のモジュールのブートアップ テストと診断の結果を表示します。
<show diagnostic content module (ID)>:特定のモジュールの継続中のテストの結果を表示します。
<show diagnostic result module [all|(moduleID)]>:特定のモジュールまたはすべてのモジュールの診断結果を表示します。
<show diagnostic result module (moduleID) test (testID) detail>:特定のモジュールでの特定のテストの診断結果を表示します。
<show diagnostic internal [diagmgr|diagclient|port_lb]>:診断モジュールのデバッグ情報を表示します。

デバッグ コマンド
<debug platform internal emon [heartbeat|kfsm|stats|traffic]>:特定の引数のデバッグ出力を表示します。
<debug platform internal emon [heartbeat|kfsm|stats|traffic] [enable|disable]>:すべてのモジュールで特定の引数を有効または無効にします。
<debug platform internal emon [heartbeat|kfsm|stats|traffic] interval get>:特定の引数の間隔を取得します。
<debug platform internal emon stats get (ID)>:EPC モニタリング統計情報。
<debug platform internal emon kfsm state get (ID)>:EPC モニタリング統計情報。
<debug platform internal marvell switch [0|1] status>:EOBC/EPC スイッチ ステータス(0:EOBC、1:EPC)
<debug platform internal broadcom switch status>:SC カード Broadcom スイッチ ステータス。

Insieme ELTM VRF、VLAN、インターフェイス コマンド
<debug system internal [eltm|eltmc] trace output file>:ELTM トレースを出力ファイルにダンプします。
<show system internal [eltm|eltmc] info trace>:eltm トレースをコンソールにダンプします。
<show system internal [eltm|eltmc] info vrf (vrf)>:特定の vrf の vrf テーブルを表示します。
<show platform internal ns forwarding segments>
<show platform internal ns forwarding epgs>
<cat summary>:vrf の要約。ID、PC タグ、スコープを表示します。
<show system internal eltmc info vlan brief>:vlan 情報を表示します。vlan ID の代わりに(brief)を使用することができます。
<show sytem internal eltmc info interface (interface ID)>

OSPF CLI コマンド
<show ip ospf neighbors vrf (vrf|all)>:特定の vrf の OSPF ネイバーを表示します。
<show ip ospf route vrf (vrf|all)>:特定の vrf の OSPF ルートを表示します。
<show ip ospf interface vrf (vrf|all)>:特定の vrf の ospf インターフェイスを表示します。
<show ip ospf vrf (vrf|all)>:特定の vrf の ospf 情報を表示します。
<show ip ospf traffic vrf (vrf|all)>:特定の vrf の ospf トラフィックを表示します。

外部接続
<show ip arp vrf (vrf)>:特定の vrf の arp エントリを表示します。
<show ip ospf neighbors vrf (vrf)>:特定の vrf の ospf ネイバーを表示します。
<show bgp sessions vrf (vrf)>:特定の vrf の bgp セッションまたはピアを表示します。
<show ip ospf route vrf (vrf)>:特定の vrf の ospf ルートを表示します。
<show bgp ipv4 unicast vrf (vrf)>:特定の vrf の bgp ユニキャスト ルートを表示します。
<show ip static-route vrf (vrf)>:特定の vrf のスタティック ルートを表示します。
<show ip route vrf (vrf)>:特定の vrf のルートを表示します。
<l3 defip show>:外部 LPM を表示します。
<l3 egress show>:NorthStar ASIC または外部ルータ方向のネクスト ホップを表示します。
<show platform internal ns table mth_lux_slvd_DHS_HigigDstMapTable_memif_data ingress>:T2 から取得した DMOD/DPORT を使用してインデックス付けされた HigigDstMapTable。DstEncapTable へのポインタを提供します。
<show platform internal ns table mth_lux_slvg_DHS_DstEncapTable_memif_data ingress>:HigigDstMapTable の結果を使用してインデックス付けされた DstEncapTable。トンネル転送データを提供します。
<show platform internal ns table mth_rwx_slva_DHS_RwEncapTable_memif_data ingress>:HigigDstMapTable の結果を使用してインデックス付けされた RwEncapTable。トンネル カプセル化データを提供します。

ISIS ファブリックのユニキャスト デバッグ
<show isis protocol>:ISIS 統計情報を表示します。
<show isis adjacency [detail] vrf (vrf)>:特定の vrf の ISIS 隣接関係を表示します。詳細を追加することもできます。
<show lldp neighbor>:lldp ネイバーのステータスを表示します。
<show interface (interface ID)>:インターフェイスのステータス情報と統計情報を表示します。
<show isis database [detail] vrf (vrf)>:isis データベースを表示します。詳細を追加することもできます。
<show isis route vrf (vrf)>:isis ルート情報を表示します。
<show isis traffic vrf (vrf)>:isis トラフィック情報を表示します。
<show isis dtep vrf (vrf)>:検出されたすべてのトンネル エンド ポイントを表示します。
<show isis statistics (vrf)>:特定の vrf の isis 統計情報を表示します。
<show isis event-history [detail]>:isis イベント履歴を表示します。
<show isis internal mem-stats [detail]>:isis メモリ統計情報を表示します。
<show tech-support-service isis>:TAC 向けの isis テクニカルサポート用出力を提供します。

ASIC プラットフォーム コマンド
<show platform internal [ns|alp] mac asic [0|1]>:MAC ポートのステータスを表示します。
<show platform internal [ns|alp] counters mac asic [0|1]>:MAC ポートのカウンタを表示します。
<show platform internal [ns|alp] counters asic-block [all|bax|lbx|lux|prx|qsx|rwx|scx|top]>:特定の ASIC の ASIC ブロック カウンタを表示します。[detail] を使用して詳細情報を追加することもできます。
<show platform internal [ns|alp] interrupts>:特定の ASIC の割り込みを表示します。

 

ASIC プラットフォーム コマンド - T2 固有
<show c rpkt>:T2 の受信カウンタを表示します。
<show c tpkt>:T2 の送信カウンタを表示します。
<show c xe12>:ポートごとにパケット タイプ カウンタを表示します。
<g chg ing_event_debug>:入力廃棄カウンタを表示します。
<g chg_egr_drop_vector>:出力廃棄カウンタを表示します。
<s RDBGC(#)_SELECT bitmap=(hex)> & <g chg RDBGC(#)_SELECT>:レジスタを特定のトリガーに設定します。ポート当たり 9 レジスタ(0 ~ 8)
    例:<s RDBGC3_SELECT bitmap=0x2000> <g chg RDBGC3_SELECT>:RFILDR セレクタ(ビット 13)を選択するように 4 番目のレジスタを設定します。
<cstat xe17>:上記のコマンドの統計情報をチェックします。

ASIC プラットフォーム コマンド - NS 固有
<show platform internal counters port>:ポート カウンタを表示します。
<show platform internal counters port internal>:内部ポート カウンタを表示します。
<show platform internal counters vlan>:vlan カウンタを表示します。
<show platform internal counters tep>:トンネルごとにカウンタを表示します。
<show platform internal ns counters asic-block all>:ASIC ブロック カウンタを表示します。
<show platform internal ns forwarding list>:明確に定義されたテーブルを表示します。

ファブリック マルチキャスト - 全般
<show isis internal mcast routes ftag>:FTAG、コスト、ルート ポート、OIF リストの現在の状態を表示します。
<show isis database mgroup detail vrf (vrf)>:GM-LSP データベースを表示します。
<show isis internal mcast routes gipo>:GIPO ルート、ローカル/中継、OIF リストを表示します。
<show isis internal mcast statistics>:トポロジ、およびコンピューティング統計情報、MRIB の最新の統計情報、Sync+Ack パケットの統計情報、オブジェクト ストアの統計情報を表示します。
<show isis event-history mcast>:isis マルチキャスト イベント履歴ログを表示します。
<show isis event-history mcast-convergence>:上記のコマンドより詳しく、特に、イベントの転送とアップデートの転送の詳細を示します。

ファブリック マルチキャスト デバッグ - MFDM
<show forwarding distribution l2 multicast>:フラッド/OMF/GIPi メンバーシップ。
<show forwarding distribution l2 multicast vlan (vlanID)>:BD ごと

<show forwarding distribution l2 multicast gipi>:GIPi メンバーシップ。
<show forwarding distribution l2 multicast gipi (IP)>:詳細。
<show forwarding distribution l2 multicast gipi vlan (vlanID)>:BD ごと。
<show forwarding distribution l2 multicast gipi (IP) vlan (vlanID)>:BD ごとの詳細。

<show forwarding distribution l2 multicast flood>:フラッド メンバーシップ。
<show forwarding distribution l2 multicast flood vlan (vlan ID)>:BD ごと。

<show forwarding distribution l2 multicast omf>:OMF メンバーシップ。
<show forwarding distribution l2 multicast omf vlan (vlan ID)>:BD ごと。

<show system internal forwarding distribution multicast ipmc>:IPMC メンバーシップ。
<show system internal forwarding distribution multicast ipmc 0x3>:特定の IPMC。
<show forwarding distribution multicast ipmc-sw>
<show forwarding distribution multicast ipmc-sw (ID)>

ファブリック マルチキャスト デバッグ - L2 マルチキャスト
<show system internal forwarding l2 multicast>:フラッド/OMF/GIPi メンバーシップ。
<show system internal forwarding l2 multicast vlan (vlanID)>:BD ごと。

<show system internal forwarding l2 multicast gipi>:GIPi メンバーシップ。
<show system internal forwarding l2 multicast gipi (IP)>:詳細。
<show system internal forwarding l2 multicast gipi vlan (vlanID)>:BD ごと。
<show system internal forwarding l2 multicast gipi (IP) vlan (vlanID)>:BD ごとの詳細。

<show system internal forwarding l2 multicast flood>:フラッド メンバーシップ。
<show system internal forwarding l2 multicast flood bd (bdID)>:BD ごと。

<show system internal forwarding l2 multicast met>:MET メンバーシップ。
<show system internal forwarding l2 multicast met (ID)>:特定の MET。
<show system internal forwarding l2 multicast met flood>:フラッド MET。
<show system internal forwarding l2 multicast met gipi>:GIPi MET。
<show system internal forwarding l2 multicast met gipi bd (bdID)>:BD ごと。
<show system internal forwarding l2 multicast met gipi (IP) bd (bdID)>:BD ごとの詳細。
<show system internal forwarding l2 multicast ipmc>:IPMC メンバーシップ。
<show system internal forwarding l2 multicast ipmc (ID)>:特定の IPMC。

ファブリック マルチキャストデバッグ - MRIB
<show ip mroute vrf (vrf)>:特定の vrf の IP マルチキャスト ルーティング テーブルを表示します。

ファブリック マルチキャスト デバッグ - MFIB
<show ip fib mroute ftag>:FTAG を表示します。
<show forwarding vrf all multicast route>:GIPO ルートを表示します。

ファブリック マルチキャスト デバッグ - IGMP
<show ip igmp snooping groups>:IGMP のマルチキャスト ルート情報を表示します。
<show ip igmp snooping mrouter>:IGMP のマルチキャスト ルータ情報を表示します。
<show ip igmp snooping encap-db>:FD と BD 間の vlan マッピング。IGMP は Istack から FD と G を取得します。(BD、G)を作成するには、BD がわかっている必要があります。
<show ip igmp snooping vlan (vlanID)>:IGMP 内のポートの BD メンバーシップを確認します。ポートが BD に属している場合のみ、結合が処理されます。
<show ip igmp snooping vtep-if-db>:IGMP 内のトンネルと IF 間のマッピングを確認します。IGMP は、これを使用して VPC 上のグループを取得し、それらのみを同期します。

ファブリック マルチキャスト デバッグ - MFDM
<show forwarding distribution ip multicast route vrf (vrf)>:特定の vrf の IPv4 マルチキャスト ルーティング テーブルを表示します。
<show forwarding distribution multicast vlan_db>:FD と BD 間の vlan マッピングを確認します。MFDM は、vlan_mgr から(FD、ポート)メンバーシップを取得し、この情報を使用して BD フラッドリストを作成します。
<show forwarding distribution multicast bd_gipo>:BD と GIPO 間のマッピング。GIPO は、ファブリック内のマルチキャストによって使用されます。
<show forwarding distribution multicast epg_gipo_prime>:FD-vxlan と GIPO 間のマッピング。
<show forwarding distribution multicast vtep_if_db>:トンネルと物理インターフェイス間のマッピング。

ファブリック マルチキャスト デバッグ - M2rib
<show l2 mroute>: - M2rib 内のマルチキャスト ルート情報を表示します。
<show l2 mroute omf>:M2rib 内のマルチキャスト ルート情報を表示します。

ファブリック マルチキャスト デバッグ - PIXM
<show system internal pixm info ltl-range start-ltl 0x0 ltl-cnt 4000>:RID と IPMC 間のマッピング。IFIDX は RID で、LTL は IPMC です。

ファブリック マルチキャスト デバッグ - VNTAG Mgr
<show system internal vntag dvif-allocation>:IPMC と DVIF 間のマッピング。LTL は IPMC です。

EP 通知 - デバッグ
<show system internal epm announce>
<show system internal epm counters announce>
<show system internal epm vlan (vlanID) detail>
<show system internal epm vrf (vrf) detail>
<show system internal epm periodic>
<show system internal epm endpoint all>

iBash CLI
<show mac address-table>
<show endpoint [summary|address|interface|vlan|vrf]>:エンドポイント情報を表示します。

BCM テーブル ダンプ
<bcm-shell-hw "l2 show">
<bcm-shell-hw "l3 l3table show">

ファブリック QoS のデバッグ - CoPP CLI
<show copp policy>
<show system inernal aclqos brcm coppp entries unit 0>:CoPP 統計情報(赤 = 廃棄、緑 = 許可)。
<show system internal qos classes>:設定されている QoS クラスを表示します。
<show system internal qos vlan all>:設定されている QoS クラス/ポリシーを vlan ごとに表示します。
<show system internal qos ppf [pinst|nodes]>:ppf の詳細を表示します。
<show system internal aclqos qos classes>:ハードウェアに設定されている QoS クラスを表示します。
<show system internal aclqos qos vlan (vlanID)>:ハードウェア内で vlan に設定されている QoS DSCP/dot1p ポリシーを表示します。
<show system internal aclqos qos policy summary>:QoS DSCP/dot1p ポリシーの要約を表示します。
<show system internal aclqos qos policy detail>:QoS DSCP/dot1p ポリシーの詳細を表示します。
<show system internal aclqos brcm tcam entries unit 0 group [efp-bpdu|efp-ctrl-pol|efp-mark|ifp-ctrl|ifp-dscp|ifp-elmc-vleaf|ifp-span-port-vlan|ifp-span-port-vlan-egress|ifp-span-vlan-egress|ifp-vni-udf|vfp-vni]>:指定されたグループの T2 TCAM エントリを表示します。
<show platform internal counters port (#)>:各ポートの QoS カウンタを表示します。
<show platform internal counters port internal (#)>:各ポートの QoS カウンタ(内部)を表示します。
<show platform internal counters class (#)>:すべてのポートに対応する各クラスの QoS カウンタを表示します。

MCP CLI
<show mcp internal info global>:HIF(FEX)ポート上のエッジ ポートの設定、内部 VLAN マッピング、ファブリック ポートで受信した STP TCN パケット統計情報を表示します。
<show mcp internal info interface [all|interfaceID]>:インターフェイス別の mcp 情報を表示します。
<show mcp internal info stats interface>:すべてのインターフェイスの統計情報を表示します。
<show mcp internal info vlan [all|vlanID]>:vlan ごとに mcp 情報を表示します。
<show mcp internal stats vlan>:すべての vlan の統計情報を表示します。
<show mcp internal info msti [all|(region name) (instance ID)]>:msti 領域ごとに mcp 情報を表示します。
<show mcp internal info stats msti>:すべての msti 領域の統計情報を表示します。

iTraceroute CLI
<itraceroute (destinationIP) (pld-size)>:ノードの traceroute。
<itraceroute (destinationIP) vrf (vrf) encap vlan (vlan-encap) payload (pld-size)>:vlan カプセル化された送信元 EP のテナントの traceroute。
<itraceroute (destinationIP) vrf (vrf) encap vxlan (vxlan-encap) dst-mac (dst-mac) payload (pld-size)>:vxlan カプセル化された送信元 EP のテナントの traceroute。

ELAM の設定およびデバッグ(次の順序でコマンドを使用)
<debug platform internal ns elam asic (#)>:特定の ASIC で ELAM を起動します。
<trigger init ingress in-select 3 out-select 0>:ELAM のトリガーを設定します。
<set outer l2 dst_mac (destination mac) src_mac (source mac)>:送信元と宛先の mac アドレスを設定します。
<start>:キャプチャを開始します。
<status>:キャプチャのステータスを表示します。
<report>:キャプチャのレポートを表示します。

VMM のトラブルシューティング
<show vmware controllers>:VM コントローラとそれらの属性(IP/ホスト名、状態、モデル、シリアル番号など)を表示します。
<show vmware domain mininet (name) inventory>:特定の VM コントローラのハイパーバイザのインベントリを表示します。
<show vmware domain mininet (name) [inventory|policy|status]>
<show vmware domain mininet (name) inventory [hypervisors|portgroups|virtual-machines|virtual-switches]>

TOR の同期のトラブルシューティング
<netstat -tp | grep epm>
<tcpdump -i kpm_inb>
<show system internal epm vpc>
<show system internal epm counters vpc>
<show system internal epm counter zmq>
<show system internal epm announce>
<show system internal epm counters announce>
<show system internal epm vlan (vlanID) [detail]>:どの VLAN で学習が無効になっているかを確認できます。
<show system internal epm vrf (vrf) [detail]>:どの vrf で学習が無効になっているかを確認できます。
<show system internal epm periodic>:タイマーが VLAN/vrf に接続されているかどうかを確認します。
<show system internal epm counters all>
<show system internal epmc counters all>

OpFlex のデバッグ
<vemcmd show openflex>:OpFlex がオンラインかどうかを表示します(status = 12 は、OpFlex がオンラインで、リモート IP がエニーキャスト IP であり、内部 vlan が VTEP によって使用される vlan で、FTEP IP が iLeaf の IP であることを意味しています)。
<vem status>:DPA が稼働しているかどうかをチェックします。
<vemcmd show sod>
<vemcmd show port>:アップリンクと vtep はフォワーディング ステートになっている必要があります。アップリンク ポートの PC-LTL は 0 以外です。
<vemcmd show pc>:ポートのチャネル タイプをチェックします。
<vemcmd show lacp>:ポートのチャネル タイプが LACP の場合は、このコマンドを使用して個々のアップリンクの LACP の状態を確認できます。
<esxcfg-vmknic -l>:VTEP が有効な DHCP IP を受信したかどうかを確認します。

SPAN のデバッグ
<vemcmd show span>

BPDU のデバッグ
<vemcmd show card>:BPDU ガード/フィルタが有効または無効であるかを表示します。
<vemcmd show bpdu-stats>:アップリンク/仮想ポートで bpdu 廃棄統計情報が増分したかどうかをチェックします。

VEM のその他のコマンド
<vemcmd show openflex>:チャネル ステータスを表示します。
<vemcmd show port>:ポート ステータスをチェックします。
<vemcmd show bd>:EPG ごとにフラッド リストをチェックします。
<vemcmd show epp multicast>:vLeaf マルチキャスト メンバーシップをチェックします。
<vemcmd show stats>:パケット統計情報を表示します。
<vemcmd show packets>:パケット カウンタを表示します。

<vemlog debug sfport all>:vxlan パケット パスをデバッグします。
<vemlog debug sflayer2 all>:vxlan パケット パスをデバッグします。
<vemlog show all>:上記のロギング出力を表示します。

<vempkt capture [egress|pre-ingress]>
<vempkt clear>
<vempkt start>
<vempkt stop>
<vempkt display brief all>
<vempkt display detail entry (#)>
<vempkt cancel capture all>

FEX のトラブルシューティング
<show fex>:すべての FEX とそれらの状態を表示します。
<show fex (#) [detail]>:特定の FEX の詳細な統計情報を示します。
<show environment fex>:FEX の環境統計情報を示します。
<show fex transceiver>
<show fex version>:FEX のバージョンを表示します。
<show interface fex-fabric>:FEX ファブリック インターフェイスの情報を表示します。
<show logging level fex>:FEX のロギング情報を表示します。
<show interface transceiver fex-fabric>:FEX のトランシーバ情報を表示します。
<show system reset-reason fex>:FEX のリセットの理由を表示します。
<show module fex>:FEX モジュール情報を表示します。
<show system internal fex log | grep (anything)>:デバッグ情報を表示します。グレップを使用して必要な情報を見つけることができます。
<show system internal fex internal event-history msgs>:どのサービスがシーケンスに失敗しているか検出するために使用します。そのプロセスをさらにデバッグできます。

 

 








 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-22-2015 04:42 PM
更新者:
 
ラベル(1)