シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CSCtq03411 - ブレードのディスカバリに失敗したり、Service Profileの操作に失敗する

UCS 1.4(2b)では、UCS起動後一定期間経過すると、以下の症状が発生するようになります。

 

・ブレードサーバのディスカバリに失敗

・Service Profileの割り当て、取り外しに失敗

・VLANの変更に失敗

・No link between IOM portというFaultイベント発生

 

この問題はCSCtq03411として報告されています。

 

 

CSCtq03411が発生する状況にあるかどうかは、

show logging nvramで"mts_do_msg_input() failing since no space available"というメッセージが出力されているかどうか

show system internal mts buffer summary で20万を超えているキューがあるかどうかを確認することで可能です。
 
一度問題が発生するようになると、掲載されているWorkaroundは効果がなく、以下のいずれかの方法で復旧する必要があります。

・両Fabric Interconnectの再起動

・PMONの再起動

 

PMONの再起動は、以下のコマンドを両方のFabric Interconnectで実施します。

 

# connect local-mgmt

(local-mgmt)# pmon stop

#### 約10秒後 ####

(local-mgmt)# pmon start

 

PMONの再起動により、UCSの管理画面へのアクセスは切断されてしまいますが、実際のデータ通信には影響しません。
ただし、想定外の動作をしてしまう可能性を考慮して、メンテナンスウィンドウ中に実施することをお勧め致します。

 

 

1.4(2b)は本問題が原因で、Cisco.comから削除されていますので、もし1.4(2b)をご使用の場合は、CSCtq03411の修正バージョンへのアップグレードをご検討ください。

118
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント