キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Fabric Interconnect (スタンドアロン構成) シャーシ 交換手順

■作業前

UCSMで現状を確認します。

 

【FE作業】

1. Equipmentタブ 配下、該当Fabric Interconnectを選択します。

   (Equipment > Fabric Interconnects > Fabric Interconnect X)

   次に、右画面のOverall statusを確認します。

 

2. Equipmentタブ 配下、該当Fabric Interconnectを選択します。

   (Equipment > Fabric Interconnects > Fabric Interconnect X)

   次に、右画面Faultsタブを確認します。

 

以下のURLの「1-1. FI本体」もご参照ください。

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12390131

 

 

■作業手順

 

【バックアップ取得 - お客様作業】

1. Adminタブ配下、Allを選択します。 (Admin > All)

FilterでAllが選択されていなければ、Allは表示されません。

次に、右画面でBackup Configurationをクリックします。

図1.png

 

 

2. ポップアップしてくるBackup Configurationウィンドウで、Create Backup Operationを実施します。

図2.png

 

 

3. さらにポップアップしてくるCreate Backup Operationウィンドウで、以下のように設定します。

- Admin State : Enable  (Remote File Systemにバックアップする場合)

- Type : Full State

- Location of the Backup File : 任意

- Filename : 任意のファイル名を.tar.gz形式で指定

backup3.JPG

 

設定が完了すると、バックアップが開始され、完了するまでしばらく待ちます。

backup4.JPG

 

 

【パーツ交換 - FE作業】

1. ブレードサーバの電源を落とします。

 

2. 電源ケーブルを抜きます。

 

3. 接続されているケーブルやSFPを外します。

 

4. 搭載されているパーツを取り外します。

 

5. 交換用Fabric Interconnect(FI)にパーツを移設します。

 

6. FIとIOM間のケーブルを除き、ケーブルやSFPを元通りに交換用FIに接続します。

 

7. 電源ケーブルを接続して、電源を投入します。

 

 

【Firmware アップデート作業 - FE作業】

1. 以下のドキュメントのStep4、Step5を参照して、Firmwareを元のバージョンに変更します。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/108/1089/1089846_ucs_cluster.html

 

2. 上記ドキュメントのStep6を参照して、一時的に設定した構成情報を削除します。

 

 

【FIの設定復旧 - お客様作業】

1. FIのコンソールからリストアを実施します。

 

 

           ---- Basic System Configuration Dialog ----

 

  This setup utility will guide you through the basic configuration of

  the system. Only minimal configuration including IP connectivity to

  the Fabric interconnect and its clustering mode is performed through these steps.

 

  Type Ctrl-C at any time to abort configuration and reboot system.

  To back track or make modifications to already entered values,

  complete input till end of section and answer no when prompted

  to apply configuration.

 

 

  Enter the configuration method. (console/gui) ? console

 

  Enter the setup mode; setup newly or restore from backup. (setup/restore) ? restore

 

  NOTE:

    To configure Fabric interconnect using a backup file on a remote server,

    you will need to setup management interface.

    The management interface will be re-configured (if necessary),

    based on information stored in the backup file.

 

  Continue to restore this Fabric interconnect from a backup file (yes/no) ? yes

 

  Physical Switch Mgmt0 IPv4 address : 1.110.140.2

 

  Physical Switch Mgmt0 IPv4 netmask : 255.255.255.0

 

  IPv4 address of the default gateway : 1.110.12.20

 

  Enter the protocol to get backup file (scp/ftp/tftp/sftp) ?  ftp

 

  Enter the IP address of backup server: 1.110.12.53

 

  Enter fully qualified backup file name: full-backup.tar.gz

 

  Enter user ID: administrator

 

  Enter password:

 

    Retrieved backup configuration file.

 

  Applying configuration. Please wait.

  Configuration file - Ok

 

 

Cisco UCS 6100 Series Fabric Interconnect

UCS-A login:

 

 

【FE作業】

2. リストア完了後、FIとIOM間のケーブルを接続します。

 

3. ポートライセンスを別途購入してインストールしている場合は、交換後のFabric Interconnect用にライセンスを再発行して、インストールする必要があります。

以下のドキュメントに従い、ライセンスをインストールしてください。

https://supportforums.cisco.com/ja/document/81496

 

 

■作業後

UCSMで正常性を確認します。

 

【FE作業】

1. Equipmentタブ 配下、該当Fabric Interconnectを選択します。

   (Equipment > Fabric Interconnects > Fabric Interconnect X)

   次に、右画面のOverall statusを確認します。

 

2. Equipmentタブ 配下、該当Fabric Interconnectを選択します。

   (Equipment > Fabric Interconnects > Fabric Interconnect X)

   次に、右画面Faultsタブを確認します。

 

3. Serversタブ配下、Service Profileを選択します。

   (Servers > Service Profiles > root > [任意のService Profile])

   次に、右画面のOverall statusがokになっていることを確認します。

 

 

 

補足事項 - ライセンスの再発行方法

以下の情報と共に、japan-tac@cisco.com 宛にライセンス再発行をリクエストしてください。

- 交換前のFabric Interconnectのシリアル番号

- 新しいFabric Interconnectのシリアル番号

- PAK

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-24-2012 06:53 AM
更新者: