シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

MDS FC loopback test 機能

MDS の FC ポートで使える loopback test 機能を紹介します。

loopback test には、以下の2つがあります。

  • 単一ポートの送受信を接続して行なう方法
  • 同一筐体内の2ポートを接続して行なう方法

これらを組み合わせてテストを行い、簡易的にケーブル、SFPのテストを行なえます。

また、接続方法からもわかるように、通常の FC デバイスを接続してのテストは行なえません。

このテストを実施する際には、一旦ポートが shutdown される為、FC デバイスが接続されているポートでは行なわないでください。

loopback test は、"system health external-loopback" コマンドで行ないます。

以下実施例です。

SW1# system health external-loopback ?
  interface  Enter interface
  source     Specify source fc interface

--- 単一ポートで行なう場合は、 interface オプションを指定
--- 事前にポートの送受信をケーブルで接続しておきます

SW1# system health external-loopback interface ?
  fc  Fiber Channel interface

--- 送信する frame 数(1-32)、frame 長(0-128)、実施前に確認を行なうかを指定できます
SW1# system health external-loopback interface fc 1/1 ?
  <CR>
  ,             Multi range separator
  -             Range separator
  force         Forced (non-interactive) mode
  frame-count   Enter no of frames for loopback test
  frame-length  Enter loopback test's frame length in bytes

---
force オプションをつけなければ、以下様に警告が表示されます
SW1# system health external-loopback interface fc1/1 frame-count 32 frame-length 128
This will shut the requested interfaces. Do you want to continue (y/n)?  [n] y
External loopback test on fc1/1 was successful.
Sent 32 received 32 frames

--- 2ポートで行なう場合は、 source interface 、destination interface を指定します
---
事前に2ポートをケーブルで接続しておきます
SW1# system health external-loopback source interface fc1/2 destination interface fc1/3 frame-count 32 frame-length 128 force
External2 loopback test on fc1/2 and fc1/3 was successful.
Sent 32 received 32 frames


--- 失敗する例では、以下の様なメッセージが表示されます
SW1# system health external-loopback interface fc1/4 force
External loopback test on fc1/4 failed. Failure reason: Failed to loopback, analysis complete.
Sent 1 received 0 frames
Failed device ID 63 on module 1
1050
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント