シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

MDS , Nexus5000 FC Zone merge failure からの recovery 方法

MDS , Nexus5000 の FC で Zone merge failure が発生した場合の recovery 方法を紹介します。

FC SW 間を ISL 接続すると VSAN 毎に active Zoneset の merge が行なわれますが、以下の条件で Zone merge failure が発生します。

  • 両方の FC SW に同一 VSAN があり、active な Zoneset に同じ名前の Zone がある
  • この同じ名前の Zone に属する member が異なる

例えば、以下の様な Zoneset が SW1、SW2 の VSAN 101 で active となっている場合に、SW1、SW2 間を ISL で VSAN 101 を接続すると、 Zone merge failure が発生します。

SW1# sh zoneset active vsan 101
zoneset name zs101 vsan 101
  zone name host1-p1 vsan 101
    fcid 0x010000
    fcid 0x010001

  zone name host2-p1 vsan 101
    fcid 0x010002
    fcid 0x010003


SW2# sh zoneset active vsan 101
zoneset name zs101 vsan 101
  zone name host1-p1 vsan 101
    fcid 0x020000
    fcid 0x020001

zone merge failure が発生すると両方の SW のコンソールに以下の様なメッセージが表示されます。 また、"show interface" コマンドでも確認することが出来ます。

2010 Sep 30 04:09:11 SW1 %ZONE-2-ZS_MERGE_FAILED: %$VSAN 101%$ Zone merge failure, isolating interface fcip1 received reason: Member mismatch Received rjt from adjacent switch:[reason:0]


SW1# show interface fcip 1
fcip1 is trunking (Not all VSANs UP on the trunk)
    Hardware is GigabitEthernet
    Port WWN is 20:14:00:0d:ec:6c:37:80
    Peer port WWN is 20:54:00:0d:ec:0e:ec:00
    Admin port mode is auto, trunk mode is on
    snmp link state traps are enabled
    Port mode is TE
    Port vsan is 1
    Speed is 1 Gbps
    Trunk vsans (admin allowed and active) (101-102)
    Trunk vsans (up)                       (102)
    Trunk vsans (isolated)                 (101)
    Trunk vsans (initializing)             ()
    Interface last changed at Thu Sep 30 04:08:56 2010

...

zone merge failure からの recovery は、以下の様な方法で行なうことができます。

  1. 一旦 SW 間の ISL を link down させ、active Zoneset を修正し、SW間を再接続する。( ISL に他の VSAN も通している場合は、link down で影響を受けるのでお勧めしません)
  2. 1. の link down の代わりに ISL の allowed vsan から isolate されている VSAN を除き、active Zoneset 修正後、再度 allowed vsan に追加する
  3. "zoneset import"、"zoneset export" コマンドを使い、一方の active Zonesset で他方の active Zoneset を上書きする

1,2 の方法は、通常の Zone の設定方法とほぼ変らないので、3 の方法を紹介します。

"zoneset import" は、対向の SW の active Zoneset で自 SW の active Zoneset を上書きします。

"zoneset export" は、逆に自 SW の active Zoneset で対向の SW の active Zoneset を上書きします。

これらのコマンドは、SW 間を接続する interface と isolate されている VSAN を指定します。 また isolate の状態でなければ実行できません。

上の例で、isolate された状態から、SW1 で "zoneset import" を行なった例です。

SW1# zoneset import ?
  interface  Interface name

SW1# zoneset import interface fcip 1 ?
  vsan  Imports zone server database of a VSAN on the interface

SW1# zoneset import interface fcip 1 vsan 101


--- コマンド実行後、initilizing となります
SW1# show int fcip1
fcip1 is trunking (Not all VSANs UP on the trunk)
    Hardware is GigabitEthernet
    Port WWN is 20:14:00:0d:ec:6c:37:80
    Peer port WWN is 20:54:00:0d:ec:0e:ec:00
    Admin port mode is auto, trunk mode is on
    snmp link state traps are enabled
    Port mode is TE
    Port vsan is 1
    Speed is 1 Gbps
    Trunk vsans (admin allowed and active) (101-102)
    Trunk vsans (up)                       (102)
    Trunk vsans (isolated)                 ()
    Trunk vsans (initializing)             (101)
    Interface last changed at Thu Sep 30 04:08:56 2010
...


--- 暫くすると up となり、isolate から回復します
SW1# sh int fcip1
fcip1 is trunking
    Hardware is GigabitEthernet
    Port WWN is 20:14:00:0d:ec:6c:37:80
    Peer port WWN is 20:54:00:0d:ec:0e:ec:00
    Admin port mode is auto, trunk mode is on
    snmp link state traps are enabled
    Port mode is TE
    Port vsan is 1
    Speed is 1 Gbps
    Trunk vsans (admin allowed and active) (101-102)
    Trunk vsans (up)                       (101-102)
    Trunk vsans (isolated)                 ()
    Trunk vsans (initializing)             ()
    Interface last changed at Thu Sep 30 04:08:56 2010
...

--- Zoneset が SW2 の active Zoneset で上書きされるので、host2-p1 という zone も無くなります
SW1# show zoneset active vsan 101
zoneset name zs101 vsan 101
  zone name host1-p1 vsan 101
    fcid 0x020000
    fcid 0x020001
868
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント