シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

MegaCLI インストール概要 - VMWare

[ MegaCLI インストール概要 ]

MegaCLI ユーティリティは Server RAID コントローラーを構成及びモニター

するために使用されるツールです。

MegaCLI ユーティリティを使用するためには、RAID カードが搭載されたサーバー

上に搭載されている各種OSに MegaCLI ツールをインストールする必要がございます。

以下に MegaCLI ユーティリティの入手方法及び VMWare でのMegaCLI ユーティリティ

のインストール方法についてご説明致します。

[ UCS Utility のダウンロード方法 ]

MegaCLI をインストールするために、UCSシリーズ毎 UCS ユーティリティをダウンロード

する必要がございます。

cisco.com から VMWare 用の UCS ユーティリティ をご入手ください。

B シリーズ用 UCS Utilities

Downloads Home > Products > Servers - Unified Computing > Cisco UCS B-Series Blade Server Software  > Unified Computing System (UCS) Utilities > VMWare

http://software.cisco.com/download/release.html?mdfid=283853163&flowid=25821&softwareid=283850975&os=VMWare&release=2.0%285%29&relind=AVAILABLE&rellifecycle=&reltype=latest

C シリーズ 用 UCS Utilities

Downloads Home > Products > Servers - Unified Computing > Cisco UCS C-Series Rack-Mount UCS-Managed Server Software > Unified Computing System (UCS) Utilities > VMWare

http://software.cisco.com/download/release.html?mdfid=283862063&flowid=25886&softwareid=283850975&os=VMWare&release=1.5.1&relind=AVAILABLE&rellifecycle=&reltype=latest

[ESXi 4.X での MegaCli セットアップ方法]

1) ダウンロードした ISO ファイルを解凍します。

例えば LSI 9260-8i MegaRAID SAS HBA 用の MegaCLI ユーティリティであれば、

以下のファイルが必要となります。

Storage\LSI\92xx\MegaCLI\ESX_4.x\MegaCli

上記ファイルを vSphere hypervisor からアクセス可能な scp/sftp サーバー

にアップロードします。

2) UCS Manager もしくは CIMC から KVM コンソールを開き ESXi hypervisor

   console が表示されたら、Alt + F1 を入力して hypervisor にログインします。

3) scpコマンドを使って、MegaCliファイルをコピーします。

# scp user@x.x.x.x:MegaCli /tmp/

4) パーミッションを変更します。

# chmod 777 /tmp/MegaCli

6) 上記手順で megaCLI が実行可能となります。

/tmp # ./MegaCli -h

  ::

[ESXi 5.X での MegaCli セットアップ方法]

1) ダウンロードした ISO ファイルを解凍します。

ESXi5.X 用の MegaCLI ユーティリティは、1.4(5b) 以降のユーティリティを

ダウンロードする必要がございます。

例えば LSI 9260-8i MegaRAID SAS HBA 用の MegaCLI ユーティリティであれば、

以下のファイルが必要となります。

Storage\LSI\92xx\MegaCLI\ESX_4.x\MegaCli

Storage\LSI\92xx\MegaCLI\ESXi_5.x\vmware-esx-MegaCli-8.03.07.vib

上記 2 つのファイルを vSphere hypervisor からアクセス可能な scp/sftp

サーバーにアップロードします。

2) UCS Manager もしくは CIMC からKVMコンソールを開き ESXi hypervisor

   console が表示されたら、Alt + F1 を入力して hypervisor にログインします。

3) scpコマンドを使って、MegaCli,  vmware-esx-MegaCli-8.03.07.vib 及び

   libstorelib.so をコピーします。

# scp user@x.x.x.x:MegaCli /tmp/

# scp user@x.x.x.x:vmware-esx-MegaCli-8.03.07.vib /tmp/  # scp user@x.x.x.x:libstorelib.so /tmp/

(libstorelib.so は ESXi4/4.1 に含まれておりますが、ESXi5 については

含まれておりませんので、別途、ESXi4/4.1 の libstorelib.so ファイルを

コピーするか外部サイトからダウンロードしてください。)

4) 以下のコマンドを実行して、vib ファイルをinstallします。

# esxcli software vib install -v /tmp/vmware-esx-MegaCli-8.03.07.vib --no-sig-check

5) 上記手順で megaCLI が実行可能となります。

インストールに成功すると /opt/lsi/MegaCLI のパスにMegaCLIがインストールされます。

/opt/lsi/MegaCLI # cd /tmp
/tmp # cd /opt/lsi/MegaCLI/
/opt/lsi/MegaCLI # ls
MegaCli         MegaSAS.log     libstorelib.so

なお、CIMC 1.5(2) 以降から MegaCLI に代り StorCLI という Utility  が導入されております。インストール方法については、フォルダ名等を変更するだけで、上記の MegaCLI  と同一となります。StorCLICisco 12G SAS Modular Raid Controller + LSI_MR3 ドライバの構成ではサポートしませんのでご注意下さい。

以上

4409
閲覧回数
20
いいね!
0
コメント