シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

Nexusシリーズ  vPC 構成時の HW 交換復旧時の vPC auto-recovery に関する注意事項

問題の概要

NexusシリーズでvPCが構成されている環境で、vPC auto-recoveryが有効である場合交換方法によっては、vPCのlink downが発生し、通信断が発生する可能性があります。

Nexus7000では、NXOS6.2(2)以降、Nexus5000,6000ではNXOS6.0(2)N3(1)以降でvPC auto-recoveryがデフォルトで有効となっています。

このドキュメントでは、筺体交換時のauto-recoveryに関する注意事項を解説します。

 

事象と解説

交換した筺体をvPC構成に組み込み直す前に、auto-recoveryでvPC role primaryに昇格しない様にする必要があります。

これはauto-recoveryでprimaryに昇格した場合、role priorityに関係なく優先的にprimaryとなるためです。

auto- recoveryが有効となっており、vpc keepalivevpc peerlink が接続されていない状況で、auto-recoverydelayで設定された時間が経過すると自動的にvPC roleprimaryに昇格します。この状況で、稼働を続けているvPC peerデバイスと接続すると、稼働を続けていたvPC peerデバイスがsecondaryに降格し、その際にvPCの初期化が発生し、vPClink downします。

auto-recoveryが有効か、primaryに昇格しているかは"show vpc"コマンドで確認することが出来ます。

以下の例では、auto-recoveryが有効になっていますが、auto-recovery delayで設定された時間が経過していないため、まだroleは non established のままとなっています。

N5672# sh vpc
Legend:
                (*) - local vPC is down, forwarding via vPC peer-link

vPC domain id                     : 10
Peer status                       : peer link is down
vPC keep-alive status             : Suspended (Destination IP not reachable)
Configuration consistency status  : failed
Per-vlan consistency status       : success
Configuration inconsistency reason: Consistency Check Not Performed
Type-2 inconsistency reason       : Consistency Check Not Performed
vPC role                          : none established
Number of vPCs configured         : 1
Peer Gateway                      : Disabled
Dual-active excluded VLANs        : -
Graceful Consistency Check        : Disabled (due to peer configuration)
Auto-recovery status              : Enabled (timeout = 240 seconds)

以下の例では、auto-recovery delayで設定された時間が経過した為、roleがprimaryに昇格しています。この状況で稼働を続けているvPC peerデバイスと接続すると、稼働を続けていたvPCのlink downが発生します。

N5672# sh vpc
Legend:
                (*) - local vPC is down, forwarding via vPC peer-link

vPC domain id                     : 10  
Peer status                       : peer link is down             
vPC keep-alive status             : Suspended (Destination IP not reachable)
Configuration consistency status  : success
Per-vlan consistency status       : success                       
Type-2 consistency status         : success
vPC role                          : primary                       
Number of vPCs configured         : 1
Peer Gateway                      : Disabled
Dual-active excluded VLANs        : -
Graceful Consistency Check        : Disabled (due to peer configuration)
Auto-recovery status              : Enabled (timeout = 250 seconds)

回避方法

この問題は以下で回避する事が出来ます。

  • auto-recovery delayがタイムアウトしてprimaryに昇格する前にvpc keepalive , peer-link を接続する。
  • auto-recoveryを無効にした状態でvpc keepalive , peer-link を接続する。
    • この方法には以下の注意点があります。
      • 一旦primaryに昇格した後に無効にしても、primary状態を維持するため、再起動等で再度初期化する必要があります。
      • Nexus5000/6000にはauto-recoveryを無効にする設定を保存できない以下の不具合があり、201512月時点ではこの不具合が修正されたNXOSがありません。
        CSCuu16759 N5K/6K: Need to NVGEN "no auto recovery"
        この為、起動後auto-recovery delayがタイムアウトする前に、 "no auto recovery"を実施する必要があります。

関連情報

Virtual Port Channel Operations

1579
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント