シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NX-OS でのイーサアナライザの使用方法について

Nexus7000, Nexus5000, MDSスイッチ では Wireshark(Ethereal) のコードに沿ったパケット・キャプチャ及びデコード可能なソフトウェアを実装しており、以下の機能を持ちます。

  • NX-OS 上で動作し、スーパバイザ向けのトラフィック及びスーパーバイザから送信されるトラフィックのキャプチャが可能です。(ラインカードを通過する通常のトラフィックをキャプチャすることはできません)
  • キャプチャしたパケットの詳細なデコードやサマリを表示させることができます。
  • キャプチャしたデータを保存することができます。
  • キャプチャへ条件を設定し、フィルタをかけることができます。

以下は、Nexus7000 NX-OS 4.2 での出力例です。機種やOSバージョンによってサポートされているコマンドに違いがあるので注意してください

N7018# ethanalyzer local sniff-interface ?
  inband  Inband/Outband interface
  mgmt    Management interface

インバウンド・トラフィックを、100パケット&ファイルへ書き込み&コンソールへリアルタイム表示


N7018# ethanalyzer local sniff-interface inband limit-captured-frames 100 write bootflash:TEST display-write
Capturing on inband
2009-11-17 14:17:13.719911   10.10.10.1 -> 224.0.0.10 EIGRP Hello
2009-11-17 14:17:14.139833 00:24:98:ea:f0:14 -> 01:80:c2:00:00:00
STP RST. Root = 32769/00:24:f7:18:79:c1 Cost = 0 Port = 0x8101  
<SNIP>
100 packets captured


N7018# dir bootflash: | grep TEST
       590013      Nov 17 14:17:19 2009  TEST

保存したファイル内容を表示可能です


N7018# ethanalyzer local read bootflash:TEST detailed-dissection
Frame 1 (74 bytes on wire, 74 bytes captured)
     Arrival Time: Nov 17, 2009 14:17:13.719911000
     [Time delta from previous captured frame: 0.000000000 seconds]
     [Time delta from previous displayed frame: 0.000000000 seconds]
     [Time since reference or first frame: 0.000000000 seconds]
     Frame Number: 1
     Frame Length: 74 bytes
     Capture Length: 74 bytes
     [Frame is marked: False]
     [Protocols in frame: eth:ip:eigrp]
Ethernet II, Src: 00:24:f7:18:79:c1 (00:24:f7:18:79:c1), Dst: 01:00:5e:00:00:0a (01:00:5e:00:00:0a)
     Destination: 01:00:5e:00:00:0a (01:00:5e:00:00:0a)
         Address: 01:00:5e:00:00:0a (01:00:5e:00:00:0a)

1595
閲覧回数
8
いいね!
0
コメント