キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NX-OS と IOS の違い <インターフェース設定 / L2機能>

本ドキュメントはインターフェース設定 / L2機能に関連する NX-OS と IOS の主な違いを一覧にしています。

以下のドキュメントも参考にしてください。

NX-OS と IOS の違い <システム設定 / CLI / 設定変更 / ネットワーク管理>

NX-OS と IOS の違い <L3機能 / ルーティングプロトコル>

Cisco Nexus 7000 NX-OS/IOS Comparison Tech Notes

※1 記載内容は Nexus 7000 (NX-OS), Catalyst 6500 (IOS) の動作に基いたものとなります。 ほぼ全ての Nexus 製品、 多くのCatalyst 製品/IOS ルータ製品 で同様の実装となっておりますが、いくつかの項目に関しては、製品によって実装が異なる場合がございますのでご注意ください。
※2 記載内容は2016年1月時点の NX-OS と IOS の実装を元に記載しています。実装は今後も変更される可能性もございますのでご注意ください。

L2 Interfaces Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
Switchport モード (Default) Access Dynamic Desirable IOS では switchport mode dynamic desirable がデフォルトとなります。
トランクカプセル (Default) 802.1q Negotiate NX-OS は ISL をサポートしておらず、Negotiation も動作しません。
IOS 機器が Nexus 機器とのトランクポートを構成するには IOS 側で switchport trunk encapsulation dot1q 設定が必要です。
interface 名 一律 帯域毎に異なる NX-OS では回線速度に関わらず一律 Ethernet となりますが、IOS では回線速度に応じて Fastethernet, GigabitEthernet, 10GigabitEthernet, などの名前になります
interface の range 指定 range オプション不要 range オプション明示 NX-OS では interface を range 指定する場合に、特に明示する必要がありませんが、IOS では interface range コマンドによる明示が必要です。
interface 設定のプロファイル化 port-profile template + AutoConf 複数インターフェースへの同じ設定をプロファイル化できます。
Catalyst ではさらに AutoConf 機能を用いて設定されたデバイスへの自動設定が可能です。
L3 Interfaces (IP) Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
IP アドレスサブネット指定 プレフィックス長 サブネットマスク NX-OS では ip address 設定にプレフィックス長を指定することができます。
例)
NX-OS: ip address 192.168.0.1/24
IOS: ip address 192.168.0.1 255.255.255.0
Proxy-ARP 無効
(default)
有効
(default)
NX-OS では ip proxy-arp 設定によりインターフェース毎に Proxy-ARP を有効にできます。
Unreachables (ICMP) Port Unreachable
のみ
有効
(default)
NX-OS ではデフォルトで Port Unreachable のみを応答します。IOS ではデフォルトで全ての ICMP Unreachable の応答を返します。
ARP タイムアウト (Default) 1500 (seconds) 14400 (seconds) NX-OS では IOS と比較し大幅に短い時間でタイムアウトとなります。
ARP Update により MAC エントリがリフレッシュされるように、MAC エージングタイマーは ARP キャッシュタイマーより長くするべきです。
Loopback Interface 設定範囲 0-1023 0-2147483647 設定可能数ではなく、設定可能なインターフェース番号ですので、ご注意ください。
ACLモード 名前付き拡張ACL 標準/拡張ACL IOS では 1-99 までの番号を指定する標準ACL, 100-199 までの拡張ACLと、番号を用いない 標準 / 拡張 ACL の4つのモードが指定できますが、NX-OS では名前付き拡張ACL のみです。
Port-Channel Interfaces Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
Port-channel Interface 設定範囲 1-4096 1-256 設定可能数ではなく、設定可能なインターフェース番号ですので、ご注意ください。
設定可能数は機器に依存するためマニュアル等をご参照ください。
Port-channel 生成時の Interface 状態 Operational Down Admin. Down NX-OS では Bind されているインターフェースがない状態では Operational Down となります。
IOS では no shutdown により有効化する必要があります。
Port-channel mode LACP / static LACP / PAgP / static NX-OS では PAgP はサポートされません。
LACP Graceful-Convergence 有効 無効 NX-OS ではデフォルトで LACP プロトコル収束が高速化されています。
no lacp graceful-convergence により無効化できます。
LACP Max-Bundle 16 8 -
LACP Suspend-Individual 有効 (Nexus 7000)
/
無効 (Nexus 5000 など)
無し PXE boot などが利用される場合には起動ソフトウェアが LACP に対応していない場合があり、接続機器が正常に boot できない場合があるため、Nexus 5000 ではデフォルトで individual ステートに移行します。
Port-channel with BFD and routing protocol サポート 非サポート NX-OS では port-channel 上で構成される routing protocol (neighbor) に対し BFD がサポートされます。
QoS Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
QoS グローバル設定 (default) 有効 無効

Catalyst 製品では mls qos を設定することによりQoSが有効になります。
なお、SUP 2T 以降ではデフォルトの動作が変更されています。
Change in Default QoS Behavior

Interface Trust 状態 Trusted Untrusted

NX-OS では デフォルトで全ての CoS(L2) / DSCP(L3) / ToS(L3) の値を変更しません。 IOS ではQoS動作時全ての CoS(L2) / DSCP(L3) / ToS(L3) の値をクリアします。
なお、Catalyst の SUP 2T 以降ではデフォルトの動作が変更されています。
Change in Default QoS Behavior

L2 Feature Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
デフォルトMAC エージングタイマー 1800 (seconds) 300 (seconds) IOS と比較し、NX-OS では長時間 MAC エントリを保持し続けます。
NX-OS では mac address-table aging-time <0, 120-918000> 設定により変更可能です。
ARP Update により MAC エントリがリフレッシュされるように、MAC エージングタイマーは ARP キャッシュタイマーより長くするべきです。
拡張 VLAN 1006-4094 1006-4094 NX-OSでは設定により拡張 VLAN を有効にする必要はありません。
予約済みVLAN範囲 3968-4047,4094 1002-1118 NX-OS では system vlan <#> reserve 設定により範囲を設定変更できます。
デフォルト VTP モード Disabled Transparent IOS はデフォルトで VTP を透過しますが、NX-OS はデフォルトでドロップします。
デフォルト STP モード Rapid-PVST+ PVST STP では下位互換はありますが、NX-OS と IOS が混在するスイッチトポロジなどでは、同じモードを使用することが推奨されます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-18-2016 09:51 PM
更新者: