シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NX-OS と IOS の違い <L3機能 / ルーティングプロトコル>

本ドキュメントはL3機能 / ルーティングプロトコルに関連する NX-OS と IOS の主な違いを一覧にしています。

以下のドキュメントも参考にしてください。

NX-OS と IOS の違い <システム設定 / CLI / 設定変更 / ネットワーク管理>

NX-OS と IOS の違い <インターフェース設定 / L2機能>

Cisco Nexus 7000 NX-OS/IOS Comparison Tech Notes

※1 記載内容は Nexus 7000 (NX-OS), Catalyst 6500 (IOS) の動作に基いたものとなります。 ほぼ全ての Nexus 製品、 多くのCatalyst 製品/IOS ルータ製品 で同様の実装となっておりますが、いくつかの項目に関しては、製品によって実装が異なる場合がございますのでご注意ください。
※2 記載内容は2016年1月時点の NX-OS と IOS の実装を元に記載しています。実装は今後も変更される可能性もございますのでご注意ください。

Routing 全般 Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
ip routing 設定 有効
(default)
無効
(default)
Catalyst シリーズ製品の IOS では ip routing 設定によりルーティング機能を有効にする必要があります。
NX-OS では ip routing 設定は不要ですが、個別の feature を有効にする必要があります。
ip multicast 設定 有効
(default)
無効
(default)
IOS では ip multicast-routing 設定によりルーティング機能を有効にする必要があります。
NX-OS では不要ですが、feature pim を有効にする必要があります。
redistribute 時の Route-Map 設定 必須 Optional NX-OS では再配布設定に route-map が必須です。
Graceful restart 有効
(default)
無効
(default)
BGP Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
デフォルト Address Families 全て無効 全て有効 NX-OS では全ての neighbor に address family を明示的に設定する必要があります。
ピアグループ設定 peer template peer-group
Deterministic MED 有効
(default)
無効
(default)
NX-OS ではデフォルトで同じAS内の異なるピアからアドバタイズされたルートのMED が比較されます。
AD 値 (external / internal / local) 20 / 200 / 220 20 / 200 / 200 NX-OS ではローカル生成ルートのAD値が低くピアから受信した経路を優先します
ネイバーロギング 無効
(default)
有効
(default)
NX-OS ではBGP に log-neighbor-changes を設定しないと neighbor 状態の変化に関するログが出力されません
BGP 同期 無効 無効 以前の IOS ではデフォルトで BGP 同期が有効でしたが現在はどちらも無効になっています。
EIGRP Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
最大インスタンス(プロセス)数 4 (per VDC) > 4 NX-OS では VDC 毎に最大4つのインスタンスを作成可能です。
複数の VRF を用いた環境を構成する場合は一つのインスタンス配下に複数の VRF を設定することができます。
Auto-Summarization 無効 有効 / 無効
(version による)
以前の IOS では自動集約がデフォルトで動作しますが、最近のリリースではデフォルトで無効となっています。
NX-OS には自動集約の機能はございません。
ECMP 8 4 -
Protocol Support IP IP, IPX, Appletalk NX-OS にて EIGRP は IP のみをサポートしています。
HSRP Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
HSRP 設定 / 確認 コマンド hsrp standby NX-OS では hsrp で指定される階層化設定と確認コマンドを使用します。
NX-OS:
interface
hsrp
ip
show hsrp …
IOS:
interface
standby ip
show standby …
複数 HSRP グループのproxy-arp 非サポート サポート NX-OS では複数の HSRP グループが設定されたインターフェースでの proxy-arp をサポートしていません。
HSRP with BFD サポート 非サポート NX-OS は BFD による高速の断検知に対応しています。
OSPF Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
最大インスタンス(プロセス)数 4 (per VDC) > 4 NX-OS では VDC 毎に最大4つのインスタンスを作成可能です。
複数の VRF を用いた環境を構成する場合は一つのインスタンス配下に複数の VRF を設定することができます。
ネイバーロギング 無効
(default)
有効
(default)
NX-OS ではOSPF に log-adjacency-changes を設定しないと neighbor 状態の変化に関するログが出力されません
Database Link-State-ID Selection Longest Mask Match Shortest Mask Match 異なるプレフィックス長の同一経路を OSPF database に登録する際、IOS では shortest のマスクの経路が選択されますが、NX-OS では Longest が選択されます。 (例として. 192.168.1.0/24 と 192.168.1.0/32 をOSPF database に登録する際、NX-OS は 192.168.1.0/32 を採用しますが、IOSでは 192.168.1.0/24を採用します。)
ECMP 8 4 -
再配布(Subnets) classless classfull IOS では redistribute コマンドに subnet をつける必要がありましたが、NX-OS にはありません。
自動コスト値の参照帯域 40,000 Mbps 100 Mbps 回線帯域を元に自動でコスト計算をする場合、NX-OS では分子が 40Gbps となります。
デフォルトの SPF Throttle Timers (Delay/Hold/Max) 200 / 1K / 5K (msecs) 5K / 10K / 10K (msecs)
経路制御フィルタ filter-list distribute-list NX-OS では filter-list によりエリア間 Type-3 経路の制御ができ、distribute-list についてはサポートしておりません。
プロセスクリア restart ospf clear ip ospf process
VRF Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
VRF 定義 vrf context define vrf NX-OS:
vrf context
IOS:
define vrf
address-family <ipv4|ipv6>
インターフェースへの vrf 割り当て vrf member vrf forwarding NX-OS:
interface
vrf member
IOS:
interface
vrf forwarding
routing protocol プロセス内に複数割り当て プロセスに割り当て 例) OSPF
NX-OS:
router ospf 1
vrf
IOS
router ospf 1 vrf
Multicast Routing/Forwarding 有効 無効
(default)
IOS では ip multicast-routing vrf により個別に有効化する必要がある。
static route cotext 配下 global NX-OS:
vrf context
ip route
IOS:
ip route vrf
DHCP Relay Cisco NX-OS Cisco IOS 備考
DHCP 有効化 feature dhcp 有効
(default)
NX-OS は feature dhcp で DHCP を有効化する必要があります。
また、 DHCP server 機能には対応しておりません。
DHCP relay 設定 ip dhcp relay address ip helper-address
リレープロトコル UDP 67/68 BOOTP / TFTP / DNS / NTP etc..
VRF-Aware DHCP-relay サポート 非対応 NX-OS では VRF間、VRF内での DHCP-relay がサポートされています
871
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント